愛犬の便秘対策とその原因

 

8782753

 

犬を家族と同じように大切に飼っている人はたくさんいることでしょう。

 

かつては、犬というと、家の外で番犬として飼われていることも多く、食べ物も、人間の食べたごはんの残りを与えるようなことが普通でした。

 

そのため、犬も寿命を全うすることなく、早死にしてしまうケースも多く見られたようです。

 

しかし、最近では、家族のように大切にされているペットが多いことや、人間と同じように、混合ワクチンなどを接種する機会が増えてきています。

 

また、狂犬病の予防接種や定期健診などで動物病院を訪れることが多いペットたちが増えたことで、ペットの寿命も格段にのびてきているといえるでしょう。

 

しかし、そのように健康の面で大きな進展があったと考えられがちな場合であっても、便秘などの日常的な不調に苦しんでいるペットも少なくないようです。

 

動物は、人間に言葉によって意思を伝えることができないために動物たちの不調は、人間が普段からよく観察して気が付くようにすることが大切となってきます。

 

便秘の原因の1つは食べ物

dog-889376_640

 

愛犬が便秘になるとしたら、その原因は、体質的なものや、年齢からくることもあるかもしれませんが、多くは口から入る食べものが影響していると考えられます。

 

特に市販のフードのなかには、安さに重点をおいて製造されているような質のあまり良くないものも少なくないため、そのようなフードを長い間にわたって食べ続けてきた場合には、だんだん体の不調となってあらわれたり、便秘などの症状がでるケースもあるようです。

 

また、肉食動物は人間と違って、野菜などを必要としないものなのですが、人間と共に生活を送っているとどうしても人間の食べ物に似てきてしまうこともあります。

 

もちろん、ペットたちは、自分で食事を作ったり、選んだりするということは基本的にはできないのですから、ペットの食事の責任は全て人間の側にあるといってもよいでしょう。

 

ところが、人間がペットの健康を考えることなく、人間の都合で甘いものや油分の多く含まれた食べ物、塩分の強いものなどを与えたり、食物繊維の多い野菜や果物をペットが喜ぶからといって与えるケースも少なくありません。

 

また、基本的に動物というものは、もらえるのであれば、際限なく欲しがる傾向にあるため、飼い主が気を付けなければ、気が付かないうちにどんどん太っていくことにもなりかねないのです。

 

運動不足も便秘の原因

beach-1195424_640

 

そのような食生活だけでなく、運動不足も便秘の原因になると考えられています。

 

運動不足が便秘の原因となるのは、人間にとっても同じことがいえるでしょう。

 

人間であっても、ペットであっても、やはり規則正しい食生活や適度な運動はとても重要なことなのです。

 

しかし、そのような生活面での改善を行ったとしても、なかなか症状が良くならないという場合には、お薬を試してみるのも有効な手段といえます。

 

でも、ペットによっては、気に入った味でなければ食べてくれないということもあるので、飼い主としては頭を悩ませるところでしょう。

 

ラクサペットなら、ペットも喜ぶキャラメル味なので、喜んで食べさせることができます。

 

また、ラクサペットはジェル状になっているお薬なので、そのまま舐めさせたり、エサに混ぜたりと、いろいろな方法で与えることが可能です。

 

ラクサペットは、軽い下剤なので、毛玉症という毛を飲み込むことで毛玉が消化器官にたまってしまうような症状にも効果的といえます。

 

そのような場合には、便秘の症状の時よりも、少な目に与えるとよいでしょう。

 

ペットも、美味しい味なので、おやつ感覚で楽しんで薬を飲むことができますから、ストレスに感じることなく、症状の改善に役立つといえます。

 

ラクサペットの詳細はこちら

 

スポンサードリンク

コメントを残す