大事な家族に長生きして欲しいという場合にはシンプリーキャットフード

cat-72276_640

昔は犬や猫のなどのペットは7~8年ぐらいが寿命とされることが多く、10歳を超えると長生きしている方になることがありました。

しかし、最近では10年以上生きるのは当たり前となっており、20年以上生きるというペットも珍しくはなくなっています。

これは様々な理由がありますが、人間と同様に医療技術が進歩したというのもあります。

早い段階でしっかりと獣医に診てもらうことで病気を治療することが出来るようになったのです。

また、室内飼いにより病気や事故に遭う可能性が減ったというのも大きな要因と言えるでしょう。

そんな中でも特に長生きするようになった要因としてとても重要なのが食事にあると言われています。

昔は人間が食べるものと同じものを食事として与えていたことがありましたが、これはペットの健康にとっては良いことではありません。

ペットは人間と見た目が違うというだけではなく、内臓機能などにも大きな差があります。

人間にとっては体に良いものでも、ペットにとっては健康に良いどころか害になってしまうというものも少なくありません。

出来るだけ長生きして欲しいと思うなら、そのペットに合った食事を与えることが大切なのです。

シンプリーキャットフードはそんなペットの事を考えて作られたキャットフードです。

シンプリーキャットフードは動物栄養学者が開発に関わっているということもあり、喜んで猫が食べるというだけではなく健康にも十分気を使っているキャットフードとなっています。

人間の食事というのは高カロリーのものが多く、そのまま与えていると肥満になってしまうことが多いのです。

その点、シンプリーキャットフードは低カロリーとなっていますのでシニアの猫でも安心して食べさせることが出来ます。

キャットフードの中にはコスト削減のために小麦やトウモロコシを多く混ぜているものがありますが、人間とは違って猫にとっては小麦やトウモロコシは決して適切な食べ物とは言えません。

元々肉食動物である猫は小麦やトウモロコシといったものを消化するのが苦手ですし、それ以上に肉や魚といった食事をすることが重要となっています。

人間と比べて猫は内臓機能が未発達であり、消化能力も劣っているので小麦やトウモロコシは内臓に大きな負担をかけてしまうのです。

腎臓も未発達ですので、塩分の多い食事は猫の寿命を大きく減らしてしまいます。

猫の死亡原因で腎臓疾患は大きな割合を占めているのです。

猫は自分で自分の健康管理をすることは出来ません。

食事を与える人間がしっかりと考えて食事を与えてあげる必要があるのです。

大事な家族に長生きして欲しいという人は、シンプリーキャットフードのようなペットの事を考えて作られた食事を与えてあげるようにしましょう。

 



    スポンサードリンク

    コメントを残す