犬の子宮がん

67dd52626b02c1d0766c85eaf0a15b05_s

犬も生き物なので、当然病気になります。

特に、犬に多い病気のひとつに、悪性腫瘍があります。

これは、いわゆる癌で、犬の病気の死亡原因の一位といわれています。

メスの犬の場合、子宮の病気に気をつけなくてはいけません。

特に子宮ガンは予後が悪く、治療も困難で費用もかかるため、気をつけてあげましょう。

子宮ガンの症状は、あまり初期は症状がないため気づいたときには手遅れということも多いようです。

症状がすすむとおなか周りが膨れたり、排尿障害がでたりします。

予防法としては、まずは、避妊手術があります。

犬の数を増やすことを望まない場合は、むやみに数を増やさないためにも避妊手術を受けさせましょう。

これは、そのほかのメス特有の病気にも効果があります。

次に、食事を気をつけてあげましょう。

ペットフードはたくさんの種類が売り出されており、栄養バランスもとれて、飼い主にもとても便利なものです。

ですが、それは人間にとってサプリメントのようなものでそれだけで生きていくことはできません。

きちんと食事を作ってあげるようにしましょう。

また、水道水に含まれている成分も犬にとっては害になることがあります。

ミネラルウォーターを煮沸してあたえることを お勧めします。

そのほか、生活環境も病気に大きくかかわってきます。

生活環境が悪いと、ストレスがたまり病気を誘引する原因となります。

それぞれの犬種にあった、住環境を整えてあげ、ストレスなく生活できるようにしてあげましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す