犬や猫の咳について

dog-199214_640

いつもと違う苦しげな呼吸や、速くて浅い呼吸したりとか、異常な咳が出るようでしたら、重大な病気である可能性が考えられます。

呼吸の異常で特に緊急を要するのは、怪我をして胸腔の内部に血液が溜まっているために、ゆっくりした苦しそうな呼吸や咳をしている場合です。

異物が喉につまったり肋骨が骨折したりしていると、痛みが原因で浅い呼吸をします。

肺、心臓、腎臓などの病気、もしくは中毒によっても、呼吸が浅く速くなります。

咳は、喉、気管、気管支、肺などの気道内においてなんらかの刺激が加わったときに起きる1つの反射運動で、刺激物を排除するための防御的なものです。

猫は犬に比べて、咳をする様子はさほどみられませんが、気道内の異物、肺もしくは心臓の腫瘍が原因で、咳をすることがあるのです。

咳も、何日も続く場合には呼吸器や心臓の病気が想定されます。

犬や猫の咳は大別して、乾いた咳と、湿った咳の2つに分類されます。

 

乾いた咳

乾いた咳では、気道が過敏な状態になることにより、喉や首の内側の部位を触って刺激すると咳をしたり、咳の後に吐き気のような症状を示すかもしれません。

乾いた咳の原因として、喉頭炎、気管支炎、気管虚脱などが考えられます。

乾いた咳をしているとしても、症状が進むとともに気道内においての分泌物が溜まって湿性の咳に変わっていきます。

 

湿った咳

湿った咳の原因としては、慢性気管支炎、肺炎、心臓弁膜症、心筋症による肺水腫などが挙げられます。

気道内に異物などを吸いこんでいると咳をします。

また、感染症にかかっていたり、気管などの呼吸器系に異常があると、症状の一つとして咳がみられます。

他には、心臓の病気でも咳が出ることがあります。

 

咳をする時間帯

咳をするのはどのようなときか観察してください。

運動をしたり興奮したときに咳をするのか、安静時にするのか。

朝方や夜間にするのか、1日中するのかなど。

夜になるとよく咳をするようならば気管虚脱か肺水腫の可能性があって、乾いた咳が 1日中出るようであれば気管支炎、ケンネルコフ、咽頭炎、扁桃腺炎などが原因だと考えられます。

 

咳のしかた

発作的に咳をするのか、繰り返し咳をするのかよく観察してください。

咳は1回だけですか、もしくは長く続くのでしょうか。

咳の他に呼吸困難を起こしていませんか。

 

他の症状を伴う

熱があったり、呼吸が苦しそうだったり、咳とともに気道内から痰や血を吐いていないかなどを観察してください。

痰が絡んだような咳が出る場合は、肺炎、気管支炎、肺の腫瘍、ガン、フィラリア症、寄生虫病などにかかっている可能性があります。

 

咳をさせない

咳を繰り返すと、気道内の炎症を悪化させます。

また、病原菌を拡散させることに繋がります。

長く続く咳は、血圧や心臓、肺のことを考えても良くありません。

安静にさせて咳を抑えるようにします。

 

部屋の空気をよくする

室内飼育の場合は、換気を十分に心がけ、咳の要因となるような喫煙、においの強い香水などの使用を控えます。

 

呼吸が楽な姿勢をとらせる

首輪や胴輪、衣服を身につけている場合は、これらをはずして、楽に呼吸ができるような姿勢にします。

また先天的異常として、シーズー、パグ、ペキニーズなどの短頭種は、喉の入り口が狭く年をとるといびきがひどくなって、最後には呼吸困難になります。

犬が運動したり興奮したあとに数分間だけ呼吸が荒くなるのは正常ですが、それ以外のときに異常な呼吸をしたら、重大なケガや病気を疑い、獣医師の診断・治療を必要とします。

そうした際も犬や猫の状態について、異常がいつから出たのか、どんなときに特に症状がひどいかなどを獣医師に伝えるようにしましょう。

 

感染症のお薬はこちら

 

    スポンサードリンク

    コメントを残す