犬の熱中症予防について

dog-18524_640

現在、ご家庭で犬を飼われている方は多いと思います。

犬種や年齢も様々だと思いますが、犬は暑さに弱いものです。

犬を飼われているみなさんは熱中症予防についてどんなことを注意されていますか。

 

犬は人間のように肌から汗を出しての体温調節は出来ません

汗を出すことが出来るのは舌からだけです。

また、全身が毛で覆われていたり、体が人間よりも地面に近いため気温には十分注意する必要があります。

体が地面に近いということは、太陽の光の照り返しも人間より強く受けてしまいます。

特に散歩をするときには、実際に地面を手で触って温度を確認することが大切です。

人間は靴を履いているため感じにくいですが、夏の地面は相当熱くなっています。

暑いままの地面を犬に歩かせてしまえば、足の裏を火傷してしまうことさえあります。

朝夕に散歩をされている方が多いと思いますが、時間帯にも気を付けなければいけません。

夏の朝は気温が高くなるのが他の季節よりも早いため、散歩は早朝に行う必要があります。

また、夕方の散歩は特に気を付けなければいけません。

日中の高い気温によって地面の温度はかなり高くなっています。

特にアスファルトは温まりやすく冷めにくいため、散歩は夕方よりも夜に行うことが大切です。

せっかくの楽しい散歩で熱中症になってしまっては元も子もありません。

犬を飼われているみなさんには、是非愛犬の目線にたって、また犬に対する知識を深めて熱中症を予防して貰いたいものです。

 

    スポンサードリンク

    コメントを残す