犬のアトピー性皮膚炎について

yorkshire-terrier-171701_640

顔や手足などに激しいかゆみが起こり、犬は体をしきりにボリボリかいたり、ペロペロなめたりします。

慢性化してしまうと、皮膚があれて湿疹(赤いポツポツ)がみられるようになり、膿皮症や脂漏性皮膚炎などの二次的皮膚疾患を招いてしまいます。

 

犬によくみられる皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎では、背中から腰、尾のつけ根にかけて、脱毛や赤い発疹(ブツブツ)が見られます。

さらに、外耳炎、結膜炎などの合併症を引き起こす場合もあるのです。

アトピー性皮膚炎のほかに犬のアレルギー性皮膚炎の代表的なものとして、ノミアレルギー性皮膚炎があります。

 

原因は?

アトピー性皮膚炎は、空気中に漂う花粉やほこり、ダニ、真菌などのアレルゲンを吸い込み、それらに体内の免疫が過剰にはたらくことが原因で起こるので室内飼いの場合はこまめな掃除が必要になります。

遺伝的にアレルギーの症状を起こしやすい体質の犬が発症するといわれ、また、若年齢から発症するケースが多いといわれてもいます。

 

発症しやすい犬種

遺伝的にアレルギーの症状を発症しやすいといわれている犬種

ビーグル イングリッシュ・コッカー・スパニエル ゴールデン・レトリバー ラブラドール・レトリバー ミニチュア・シュナウザー パグ シェットランド・シープドッグ シーズー ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアなど

 

治療方法

治療方法としては、アレルゲンになるものとの接触をできるだけさせないようにすることです。

こまめに掃除機でほこりを吸い取ったり、シャンプーでアレルゲンを除去したりして、少しでも改善させてあげるよう、飼い主が努力をしなければならない病気です。

また、皮膚病は素人判断が難しく、ちょっと間違えばまったく逆のことをして皮膚病を悪化させるケースが少なくないと聞きます。

「皮膚病かな?」と思ったらまず獣医さんで検査を受け、正しい改善法を施してあげて下さい。

 

獣医さんがアトピー性皮膚炎と判断した場合には

ペットのくすり箱ではアトピー性皮膚炎のための経口薬「アトピカ」 、アトピカのジェネリック「アイチュミューン」をご紹介しています。

 

スポンサードリンク

コメントを残す