的確な時期に適切なフィラリア予防薬を投与する事が大事です

dog-454146_640

大切な愛犬と一緒に楽しく生活を送る為に飼い主が行うこととして、愛犬がかかってしまうかも知れない病気の予防をするということです。

現在ペットの疾病の多くをワクチン接種や予防薬などを飲ませる事によって、防ぐ事ができるようになりました。

もちろん、予防のできない疾患も多くありますが、病気を未然に防ぐ事も可能であるということです。

そんな予防できる病気の一つにフィラリアという病気があります。

この病気は、蚊が媒介して感染する病気で、フィラリア虫が犬の心臓に寄生して発症します。

この病気になってしまうと空セキをして元気がなくなったり、痩せてきて衰弱し、そのままにしておくと死に至る病気です。

この様に大変恐ろしい病気ですが、ハートガードプラス(カルドメック)小型犬用などのフィラリア予防薬を飲ませる事で、フィラリアに感染する事をほとんどなくすことができます。

特にハートガードプラス(カルドメック)はフィラリアの予防だけでなく、ノミやダニなどにも効果があり、副作用も少ない事で知られているので、安心して大事な愛犬に投与する事ができます。

フィラリア予防薬を投与する前には、必ず血液検査をして、フィラリア虫が体内にいないことを確認してから飲ませてください。

フィラリア虫が血管に侵入した後にフィラリアの予防薬を飲むと、血管中でフィラリア虫が死んでしまいそのまま詰まってしまう危険性があるからです。

愛犬に投与する前には充分な注意が必要です。

 

また、ハートガードプラス(カルドメック)は個人輸入もできるので、ネットでかんたんに購入する事もできますが、トラブルになる事もありますから、信頼できる業者を見つけて購入する事が大事です。

当サイトではペットくすりをおすすめしています。

個人輸入については格安に薬を購入する事ができるので便利ですが、あくまで個人責任ですので、その点は充分注意して購入するようにしましょう。

ここまで説明して来ましたが、フィラリアは予防できる病気ですからむやみに心配する必要はありません。

しかし、フィラリア予防薬の投与の時期には充分に注意しないと、折角の薬であっても効果を発揮してくれなくなります。

最近では地球温暖化の影響で、蚊が発生する時期も少し早くなっているので、その年の天候に合わせてフィラリア予防薬を投与する時期を調整する事で、フィラリアに対する予防を効果的にする事ができます。

的確な時期に大切な愛犬にフィラリア予防薬を投与する事で、フィラリアを予防する事が可能になります。

 

    スポンサードリンク

    コメントを残す