フィラリア症について

l201212281000

毎年、蚊が発生する時期はフィラリア症に感染する可能性があります。

蚊は4月頃から見かけるようになりますが、刺されて感染が成立するのは、5月中旬頃から(気温18℃以上が1ヵ月以上続いた頃から)です。

また、感染は外気温がフィラリアの仔虫(ミクロフィラリア)が成長出来なくなる温度(14℃以下)になる11月頃まで続きます。

感染の経路は、フィラリア症に感染している犬の血液を蚊が吸血して、蚊の体中にミクロフィラリアが入り、蚊の体内で成長して感染能力を備え付けたミクロフィラリアが、蚊が吸血した際に針先から犬の皮膚の下に侵入して感染が成立します。

犬の皮膚の下に感染したミクロフィラリアは徐々に成長しながら血管に入り、血液中を循環し最終的に心臓に寄生します。

感染してから約6ヶ月でフィラリアは成虫になり、ミクロフィラリアを血液中に生むようになります。

 

予防方法は?

フィラリアの予防薬としては、錠剤・チュアブル・滴下剤(ノミの予防薬に似ています)・注射(6ヶ月効果が持続)があります。

これらは全てミクロフィラリアを死滅させる駆虫薬です。

フィラリアの予防薬で駆虫できるミクロフィラリアの大きさには限りがあり、確実に駆虫できるのは感染してから1ヶ月ないし1ヵ月半くらい成長した虫までです。

それ以上成長した虫に対しては駆虫効果は不確実です。

以上の理由から、感染が始まってから1ヵ月後の6月初旬から、感染期間が終了する12月初旬まで、毎月1回フィラリアの予防薬(駆虫薬)を投薬することで、愛犬をフィラリアの感染から守ってあげることが出来ます。

 

4~6月 前年度にフィラリア感染していないかどうかの血液検査を受けましょう
6~12月 毎月1回、適切なフィラリア予防薬を投薬しましょう
1~3月 お休みです


※フィラリア症感染の有無を調べるには、抗原血症、ミクロフィラリア血症を発現していないかどうかを血液検査で調べます。

フィラリア虫には雌雄の別があり、その比率は1:4と言われています。

血液検査でミクロフィラリアが見つからなくても、成虫が心臓に寄生していることもあるのです。

また、感染後、約6ヵ月経過しないと陽性を示さないので、早すぎる検査は前年の最後の感染を見落とす可能性があります。

したがって、昨年までフィラリア予防を実施していなかった犬や、昨年の最後の予防薬を飲ませ忘れてしまった犬は、投薬開始の6月になる直前くらいに検査を受けましょう。

フィラリア予防薬人気ランキング

 

フィラリア予防薬の種類

フィラリア薬として有名な薬は、カルドメック、レボリューション、ストロングハートです。

フィラリア薬はジェネリックの種類も多く、錠剤タイプやチュアブル(お肉風味で四角い形状)、ノミダニ薬と同じように肩甲骨の間に垂らす液状タイプのものとさまざま。

おうちのワンちゃんや猫ちゃんにあった形状をお選び下さい。

 

フィラリア予防薬の成分の違いって?

日本で販売されているカルドメックと海外で販売されている「ハートガードプラス」は同じメリアル社の同一製品です。

成分、効能ともに同じで、販売されている商品名が違うだけとなっています。

ストロングハート、ダイロハートはカルドメックのジェネリック医薬品になるため、成分は全く同じですが価格がお手ごろです。

レボリューションは猫もお使いいただける肩甲骨に垂らす液状タイプで、飲み薬が苦手なペットに最適です。

 

ご購入はこちら フィラリア予防薬

 

    スポンサードリンク

    コメントを残す