ペットの回虫症

回虫は、虫の卵が糞便中に排出されます。それが外界で成長して成熟した卵となり、飲み込むと感染します。この卵が体内で成長し、細長い白い回虫となります。それを駆除できるのが、ドロンタールプラスやブラジペット

続きを読む

犬、猫の薬の飲ませ方

犬や猫には、本能的に体に害となるものを口に入れないメカニズムがあって、自分の命を守っています。 人間ならば薬が身体に悪いものであるのか、身体を治すものなのか、情報を目や知識で取り入れることが出来ます

続きを読む

犬の低体温症について

寒い季節に気をつけなければならないのが低体温症です。特に屋外で飼われ、体力のない幼犬や痩せている高齢犬でしばしばみられます。体の濡れた状態で寒いところに放置されると短時間でも急激に体温が低下します。

続きを読む

犬の熱中症予防について

犬種や年齢も様々だと思いますが、犬は暑さに弱いものです。犬を飼われているみなさんは熱中症予防についてどんなことを注意されていますか。犬は人間のように肌から汗を出しての体温調節は出来ません。汗を出すこと

続きを読む

犬の糖尿病

犬も人間と同じ病気になります。近年増えてきているのが糖尿病です。糖尿病が進行すると白内障や腎不全などになる恐れがあります。ひどい場合は失明の可能性もあるので注意が必要です。糖尿病になると水を大量に飲む

続きを読む

犬や猫の尿の異常

便が体調の目安となるのと同様に、尿にもまた体の異変がすぐに現れます。飼い主が犬や猫の健康なときの尿の回数や色などを把握していれば、異常が見られた場合にはすかさず見抜けるはずです。尿は腎臓でつくられ膜胱

続きを読む

犬や猫のお腹が膨れてきた

短時間で急速におなかが膨れてきた場合や、消化器や呼吸器などに他の異常症状が伴う場合は、早急に獣医師の診察を受けることが重要になります。元気にしており食欲があったとしても、呼吸状態、排尿や排便、被毛状態

続きを読む

犬の肥満は飼い主の責任です

犬が適正体重をキープしているのか、太り過ぎなのかを判定する検査法はいくつかあげられます。いちばん簡単に日頃の生活でチェックできる方法は、犬の胸壁を手指でさわり、肋骨が触知できるかできないかによって肥満

続きを読む

犬や猫の下痢について

人間と同じく、犬や猫もとくに病気でなくとも下痢をすることがあります。下痢とは、便に含まれる水分量が増加した状態を意味します。下痢便には、軟らかい便もあれば水様便もあります。急性の下痢や進行の早い下痢は

続きを読む

犬の嘔吐について

犬は、散歩の道すがらに往々にして道路脇の草を食べて、それを後で吐き出す時があります。それから、度を越えて沢山与えられた食べものを無理して食べたり、味が濃い食べものを食べたりすることで吐くことだってあり

続きを読む

犬、猫がごはんを食べなくなった

犬や猫にとって食欲は健康のバロメーターです。食欲がなくなることは健康を損ねているのかもしれません。食欲がまったくないようなときは、病気にかかっている可能性があります。

続きを読む

ペットの元気がない時

どこか体の具合が悪化すると、私たち人間と同じように、犬も行動や表情にその兆候が見られます。 元気が良いときのように積極的に反応を示さない、ほとんど動こうとしない、散歩に連れ出しても下をむいてつらそう

続きを読む