アトピカのジェネリック アイチュミューンについて

アイチュミューンはアトピカのジェネリック医薬品です。
アトピー性皮膚炎にお悩みのわんちゃん用のソフトカプセルで飲みやすいお薬です。
30カプセル入りです。(アトピカは15カプセル)
アトピカと比べると半額以下の価格になります。
アトピーの薬は、病院でもネットでも高いので、この値段で買えるのは非常に助かります。

続きを読む

疥癬について

イヌヒゼンダニを原因とする伝染性皮膚疾患で、激しい痒みを起こします。犬の疥癬は、ヒゼンダニという寄生虫が寄生して、犬の耳や顔、ひじなどに発疹(ブツブツ)や激しいかゆみ、フケや脱毛を引き起こす病気です。

続きを読む

マラセチア症

水虫などのカビ(真菌)の一種でマラセチア酵母菌のことで、犬の皮膚に寄生する常在菌のことです。
乾燥を嫌うマラセチアは、通常、口周りや首、耳(耳介)、わきの下や下腹部、陰部周辺などに寄生しています。皮膚表面に付着するフケやアカに含まれる皮脂分を栄養源として生きています。

続きを読む

膿皮症について

濃皮症は細菌による感染性皮膚症です。皮膚の表面に感染するもの皮膚の内側に感染するものがあります。夏場に多く発症しやすく、不衛生な環境の中で皮膚が汚染されたり、擦り傷・咬み傷から黄色ブドウ球菌などの細菌が感染し発症に至ります。他の皮膚病に合併して症状を複雑化することが多いです。また、過度の洗顔や犬の体質に合わない成分を含んだシャンプーを使用しても原因となることもあります。

続きを読む

犬の脱毛症の原因と治療

犬の脱毛には生理的なものと病的なものとがあるのです生理的な脱毛とは、季節の変わり目などに被毛が抜けるもので、脱毛部が目立つことは滅多になく、また痒みや発疹などの症状が見られることはありません。一般的に暖かな季節を迎えると、柔らかな下毛が抜け、毛皮の風通しがよくなります。病的なものでは、部分的に脱毛して、地肌が見えるくらいになるのです。

続きを読む

犬のアトピーとその対策

我が家にはマルチーズがいますが、最初はアトピーに気づかず、「外耳炎」ということで病院に時々通っていました。
たれ耳の犬にはよくある事なので特に心配していなかったのですが、特にウイルスなどに感染しているわけでもないのにかゆがるので獣医師が「アレルギーもっているかも」と疑い、一年以上の期間を通して色んな薬を試したりしてやっとアトピーの診断がくだりました。

続きを読む

犬のアトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎は、空気中に漂う花粉やほこり、ダニ、真菌などのアレルゲンを吸い込み、それらに体内の免疫が過剰にはたらくことが原因で起こるので室内飼いの場合はこまめな掃除が必要になります。
遺伝的にアレルギーの症状を起こしやすい体質の犬が発症するといわれ、また、若年齢から発症するケースが多いといわれてもいます。

続きを読む

犬の皮膚病を予防する方法

犬の皮膚がただれたり、ダニやノミがつくなど犬の皮膚病を防ぐには、毎日のお手入れと食事が大切です。散歩から帰ってきたら足をお湯で洗いましょう。人間は靴を履いていますが、犬は裸足なので汚れが付着し皮膚病の原因となる可能性があります。毎回お湯で洗うのが大変なときは、濡れタオルで念入りに拭いてあげましょう。

続きを読む

犬の皮膚疾患

皮膚病を患っているわんちゃんは非常に多く、また、かゆいので自分で引っかいたりなめたりして余計悪化することが多いです。
皮膚炎は原因を特定しにくく、アレルギーを起こし発症する場合もあれば、発情周期やストレスから引き起こった場合もあり、アレルギーと同じ意味で非常に説明がしづらい病気です。

続きを読む