ふやかすことでドッグフードのモグワンを食べるようになる?

ドッグフードのモグワンを購入したものの、愛犬が食べずに困っているという方もいるでしょう。

 

好みの味じゃないから別の種類を買うしかないと判断する方もいますが、実は与え方を工夫するだけで問題が解決するケースも見られます。

 

ではどのような与え方をしたら、愛犬が食べてくれるようになるのでしょうか。

 

そのための選択肢の1つに、ふやかすという方法があげられます。

 

子犬や高齢犬の場合、固いものが食べられないというケースもあります。

 

そこで子犬や高齢犬でも食べやすいように、ドッグフードを柔らかくして与えるという選択肢が生まれます。

 

そして柔らかくして与えるのに有効な方法の1つが、ふやかすということです。

 

モグワンをふやかして与えるといっても、特別なものを用意する必要はありません。

 

容器にモグワンを適量入れたら、後はお湯をかけて待つだけです。

 

このときに注意しなければいけないのが、お湯の温度です。

 

沸騰したばかりのお湯を直接かけると、ドッグフードの栄養素が失われてしまう可能性があります。

 

そのため沸騰した直後のお湯ではなく、40度くらいに冷ましてからかけるようにしましょう。

 

ふやかして柔らかくなったものであれば、噛む力が弱ってきた高齢犬でも食べられる可能性が高くなります。

 

また子犬や高齢犬の場合、ふやかしたとしても食べられるものと認識するまでに時間がかかるケースも見られます。

 

すぐに食べてもらえないときには、1粒ずつ与えてみるのも1つの手です。

 

1粒ずつ与えて様子を見ることで、食べてもらいやすくなります。

 

実際にモグワンをふやかして与えるメリットは、柔らかくなることだけではありません。

 

犬の嗅覚を刺激するという意味でも、ふやかすメリットが存在しています。

 

実はお湯を少しかけてふやかすことで、モグワンの匂いを感じやすくなります。

 

人間の嗅覚でも匂いの違いがわかるので、犬なら敏感に違いを感じられます。

 

特に高齢犬の場合、嗅覚が弱ってきていると食べ物だと認知しにくくなります。

 

そこでふやかして匂いを感じやすくすることで、高齢犬でも食べやすくなります。

 

子犬や高齢犬の場合、ドッグフードをそのまま与えても食べないというケースは珍しくありません。

 

子供の離乳食や高齢者の介護と同じように、子犬や高齢犬の面倒には手間がかかることも多くあります。

 

ですが大事な家族の一員である犬のことだからこそ、与え方を工夫して食事を食べてもらえるようにしましょう。

 

ドッグフードだけで食べないなら、市販のお肉を茹でたものを少し混ぜて与えるのも1つの手です。

 

またふやかすときには、好みの柔らかさに調節することも必要です。

 

実際にどのくらいの柔らかさなら食べられるのかという点は、犬の状態によっても異なります。

 

例えば子犬の場合、成長するにつれて噛む力も強くなっていきます。

 

そこで噛む力が強くなってきたら、ふやかし方を変えていくのも1つの手です。

 

状況に合わせた形で食事を工夫していくことで、犬が食べる楽しみを増やすことも可能です。


手作り食の美味しさ×ドライフードの栄養バランス

プレミアムドッグフード『モグワン』

コメントを残す