モグワンドッグフードの魅力と賞味期限はどうなっているか

日本では現在、ワンチャンを買っている家庭が多くなっています。

 

昔ながらのように子供が居る家庭でもワンチャンを買っていますが最近は老人などが寂しさを紛らわせたりに認知症になるのを遅らせるために飼育していることが少なくありません。

 

既に何匹かのワンちゃんを飼育したことがある人ならば別ですが、初めて飼育する場合には食事に気を遣っておく必要があります。

 

もともと犬は、人間などとは異なり狩りをして生きる生き物になります。

 

野生の動物を捉えてそれを食事としていたわけですが、実際にワンチャンを飼ってみると野生のしぐさなどをしたりどことなく狩りをしていたときの遺伝子が残っているのが分かります。

 

そのように考えると食べ物も肉食系のものを上げておく必要があるでしょう。

 

とは言え、人間が食べる唐揚げなどを与えてしまうと油分が多いだけでなく塩分も過多になってしまうため、病気になりやすい可能性が出てきます。

 

人間の場合とは異なり、保険がきくわけではありませんので病気を1カ所直すだけで10万円以上のお金がかかることも少なくありません。

 

もちろん日ごろから保険に入っておく必要がありますが、最初から体に悪いと分かっているものをあげるほど馬鹿げた事はないでしょう。

 

そこで、天然の成分をしっかり利用したドッグフードを購入することが大事になります。

 

まだ小さいうちは、幼犬が食べるようなものでも良いですが、1歳を過ぎればほとんど大人の体と同じになりますのでそれに合わせてドッグフードを変えていく必要があります。

 

ドッグフードの中でも魅力的なのは、モグワンドッグフードになります。

 

モグワンドッグフードの魅力の1つは、50%以上動物性の成分が入っていることです。

 

具体的に言えば、チキンとサーモンの成分が多く含まれており、成長するために十分なタンパク質を得ることができます。

 

もちろん成長期を過ぎたとしても、健康維持をするためのタンパク質はそこに含まれているため他のものを与える必要はないでしょう。

 

これは、ワンチャンがもともと野生の中で狩りをして生きていたことと関係があるとされています。

 

現在は狩りをしていなくても、遺伝子的なものが残っているため肉の成分を与えることが決して悪いわけではありません。

 

それに加えて、このモグワンドッグフードはたっぷりの植物成分が含まれていることが魅力です。

 

もともと犬は、肉食でありながら野草などを食べるため動物性の食物だけでなく植物性の食物を合わせて与える方が健康で長生きする可能性があります。

 

マンゴーやバナナグレープフルーツといった果物を配合しており、肉食だけでは偏りがちなバランスを果物で取ろうとするため、全体的に栄養分が整うことになるでしょう。

 

モグワンドッグフードは、日本の会社で作られているわけではありませんので現在のところそこまで知名度があるわけではないです。

 

ではどこで製造されているかと言えばイギリスで製造されているのが特徴になります。

 

海外の食品をあまり輸入したことがない日本人は、かわいいワンちゃんに海外の商品を食べさせるのは抵抗があるかもしれません。

 

ですが、もともとイギリスの中でも優秀な業者が作っており工場での検査も国が認定していますので、安心して与えることができるでしょう。

 

賞味期限がどれくらいになっているか心配する人もいるかもしれませんが、未開封の段階で製造日から18カ月となっています。

 

やはり海外から輸入する以上は、日本の業者が作った商品を通信販売で購入するのとは異なり若干のタイムラグがありますのでそれを気にする人がいるかもしれません。

 

ですが、およそ1年半ほど長持ちするとすれば、十分と言えます。

 


手作り食の美味しさ×ドライフードの栄養バランス

プレミアムドッグフード『モグワン』

コメントを残す