モグワンドッグフードを偏食の犬が食べてくれるか心配

モグワンドッグフードは無添加で犬にとって優しいドッグフードですが、偏食の犬だと食べてくれるか心配という人もいるのではないでしょうか。

 

どれだけ体にいいものであっても食べてくれなければ意味がありませんから、愛犬の口にあうのかということが問題となってきます。

 

また、偏食ではなくても警戒心の強い犬だと新しいフードを口にしないということもありますから、安易に食事を変えるのは悩んでしまうのも無理はないことです。

 

このような理由でモグワンドッグフードの購入を悩む人は少なくありませんが、偏食はしつけ一つで改善することも可能ですから、与え方に工夫をすることで食べさせることは不可能ではありません。

 

食いつきが悪い犬に対しては、食事の与え方がポイントになってきますが、最初のうちは今まで与えていたものと混ぜて食べさせてみるという手があります。

 

モグワンドッグフードを細かく砕いて、前のフードに混ぜて少しずつ匂いに慣らしていき、慣れてきたら完全に切り替える方法です。

 

いきなり完全にかえてしまうと犬も戸惑ってしまいますから、少しずつ慣らしていくのは大切なことになります。

 

最初のうちは食べていたのにだんだんと食いつきが悪くなってしまったというケースもよくある話ですが、その場合には食べなければ下げることを徹底すれば、食べてくれるようになります。

 

犬は何時でもご飯が食べられると思えば慌てて食べる必要がないので、好みに合わなければいつまでもそのまま放っておいてしまいます。

 

ところが、一定時間で下げられるとご飯が食べられなくなってしまうとなれば、次にご飯が食べられるのはいつかわかりませんから、しっかりと食べてくれるようになります。

 

ご飯を抜くことで健康面を心配するかも知れませんが、元々犬は空腹に強い生き物ですし少し食べないからと言って、すぐに健康を損ねるようなものではありません。

 

食べないことを気にして偏食を続けていくことのほうが、長期的に見て健康面で悪影響が出る可能性が高いので、短期的にお腹を空かせるようなことがあったとしても、心を鬼にして食べ物を引っ込めるのも躾のうちとなります。

 

結局の所、犬も人間と同じようにお腹が空けば何でも食べますから、偏食がひどかったり飽きてしまったときには今食べないと食べることができないと理解させることがポイントになってきます。

 

飽きないように数日に一度は犬が好むフードをあげてみるのも気分転換になりますから、同じものを与え続けない方法もあります。

 

あまり、美味しいものをあげてしまうとそれが原因でモグワンドッグフードを食べなくなってしまう恐れはありますが、そのような問題がなさそうであれば犬が好むフードをあげるのは悪いものではありません。

 

健康のことだけを考え続ければ、バランスの取れているモグワンドッグフードを与え続けるのが一番ではありますが、犬であっても毎日同じものばかりよりはたまには美味しいものが食べたいわけですから、癖にならない程度にたまに美味しいものをあげるのは悪いことではないのです。

 

毎日偏った食事しかしないのは健康面で不安がありますが、たまにであればそれが大きく健康に悪影響を及ぼすわけではありませんし、犬にとってもいい気分転換になるので、飽きないように飼い主が工夫をしてあげる手もあることを覚えておくと良いでしょう。

 

好き嫌いが激しい犬を飼っていると、フードを変えようと思っても食べてくれるかどうか心配になってしまいますが、しつけによって食べさせることができますから、丁度いい機会ということで食べられるようにしつけをしてみるのも悪くありません。

 

犬の健康を考えるのであれば、偏食は好ましいものではありませんから食べないではなく食べさせるつもりでモグワンドッグフードを選ぶという選択肢があります。

 


手作り食の美味しさ×ドライフードの栄養バランス

プレミアムドッグフード『モグワン』

コメントを残す