モグワンはBHAなどの添加物不使用で安全性の高いドッグフード

市販されているドッグフードの多くには、人工添加物が配合されています。

 

たとえば人工添加物の一つであるBHAは、ドッグフードに含まれる油の酸化を防ぐ目的で配合されています。

 

ドッグフードに油が配合されており、BHAを配合しなければ油の酸化を止めることができません。

 

酸化した油はドッグフードを腐らせたり、栄養価を壊す原因です。

 

ワンちゃんの健康を脅かす可能性が高まるので、ドッグフードの多くにBHAは配合されてきました。

 

しかし、BHAには油の酸化を止める効果がある一方で、発がん性のある成分です。

 

動物実験で発がん性が確認され、危険性の高い成分です。

 

そのため、多くのドッグフードではBHAの配合をやめたものの、未だに配合している商品もあります。

 

BHAの他にも、ワンちゃんに悪影響を与える人工添加物はあるので、ドッグフードを選ぶときは安全性について考えなければいけません。

 

安全性の高いドッグフードとして、人気があるのはモグワンです。

 

モグワンは添加物不使用のドッグフードなので、発がん性が確認されているBHAは配合されていません。

 

その他の危険性が高い人工添加物も一切使用されておらず、安全性の高いドッグフードとなっています。

 

しかし、添加物不使用のモグワンにも、保存料が配合されているのは事実です。

 

ただし、配合されている保存料は天然由来の成分なので、人工添加物とは一切異なります。

 

配合されている天然由来の成分とは、ビタミンEの混合物です。ワンちゃんの体内に取り込まれても、安全性には問題ありません。

 

天然由来の成分を配合している理由は、BHAと同じく油の酸化を防ぐためです。

 

天然型の酸化防止剤を配合することによって、ドッグフードが腐りにくくなり、栄養価が壊れる可能性は減ります。

 

ただし、ワンちゃんの健康を守る天然型の酸化防止剤ですが、効果は人工添加物のBHAに比べると弱いです。

 

ですが、正しい方法でモグワンを保存しておけば、天然型の酸化防止剤でも全く問題ありません。

 

むしろBHAを与え続けて癌になる確率を上げるより、比較にならないほど安全です。

 

添加物不使用のモグワンの正しい保存方法は、空気に触れさせないことが大切です。

 

油は空気に触れると同時に酸化が始まるので、袋の口をクリップで留めて、密閉容器に入れて保存しましょう。

 

保存する場所は、太陽や蛍光灯の光が届かない暗くて涼しい場所がベストです。正しい方法で保存しておけば、安全なドッグフードを与えることができます。

 


手作り食の美味しさ×ドライフードの栄養バランス

プレミアムドッグフード『モグワン』

コメントを残す