モグワンはグレインフリーの品質を厳格に守っているドッグフード

モグワンの品質は、グレインフリーの内容で構成されていると言っても過言ではありません。

 

開発は2014年から始まりましたが、愛犬家でもある開発者たちの創意工夫によって、犬にとって好ましくない穀物は全て排除することになりました。

 

ペットのオーナーが完全に満足できる内容にするために、妥協せずに厳選した材料を用いていることも特徴的です。

 

犬の食性は雑食なのは人間と同じですが、実際には大きな違いが見られます。

 

犬は肉食に近い雑食になるのが本当のところですから、人間のように米や麦を主食にすると問題になります。

 

ところが、日本では穀物を犬や猫に与えることが長く続いていたため、現在でも名残として与える文化があるのが現状です。

 

安価なドッグフードには、嵩増しをするために穀物を加えている場合がありますから、最初に選ぶ際には十分な注意が必要です。

 

モグワンは新しい考えで作られていますので、古い発想を考慮せずに製造できる強みを持っています。

 

グレインフリーにすることで、モグワンの動物性タンパク質の含有率は50%以上を達成することができました。

 

このタンパク質はイギリス産の生チキンに加えて、スコットランド産のサーモンを原料にして作られています。

 

これらの素材を構成するアミノ酸は、犬にとっても優しい品質で、消化に妨げになるような問題がありません。

 

そのため、犬に必要なタンパク源が順調に吸収されて、普段の健康維持に役立つことになるわけです。

 

グレインフリーで高タンパクな材料が豊富に使われていることで、モグワンは低カロリーな内容になっています。

 

こうした特徴を活かして、太りすぎの犬のダイエットで使うこともできるのが魅力的です。

 

グレインフリーですから、糖質が余計に含まれることがないのも利点です。

 

消化や栄養吸収を促進させるために、果物や海藻などの副原料も配合されていますから、シニア世代の犬にとっても優しい品質です。

 

モグワンのドッグフードは極めてシンプルな質感になっているのは、飼い主が他の素材をトッピングできるように工夫しているためです。

 

当然ながら、トッピングに穀物を加えることは避ける必要がありますが、野菜や果物などを添えることができます。

 

ニンジンやキャベツなどを添えるだけでも、食物繊維やビタミン類の摂取量が増えます。

 

このような工夫をするだけでも、愛犬の体質や好みに適合した食事を作ることができますので、他のドッグフードよりも健康管理がしやすくなります。

 


手作り食の美味しさ×ドライフードの栄養バランス

プレミアムドッグフード『モグワン』

コメントを残す