犬を飼い始めた時の大切なしつけ方について

現在の日本は、空前のペットブームになっているので新しく飼い主になる人が大勢います。

 

可愛いペットとの生活は、仕事などで疲れた心や体を癒してくれるので魅力的です。

 

ペットの中でも犬は、人間に慣れやすく可愛いので多くの人が飼っています。

 

他の動物と比べると飼いやすいのが特徴ですが、しつけ方に注意しなければ楽しく生活することができません。

 

しつけがしっかりできていない場合は、近所迷惑などになることもあるので注意しましょう。

 

新しく飼い始めるのが子犬の場合は、小さい頃からのしつけが一生を左右するほど重要です。

 

小さい頃はいろいろなものに対する好奇心が強く、危ないことなどへ対する恐怖心があまりありません。

 

人間の子どもと同じように様々なことを吸収できる重要な時期なので、日常生活に必要になる最低限のしつけをしていきます。

 

小さいうちにしておく大切なしつけは、一緒に暮らしている人や家の中から出てくる音や外の景色などに慣らしていくことが大切です。

 

何もしなくても慣れることができると考えてしまい何もやらないで過ごすと、これからの生活に支障をきたす可能性がでてきます。

 

一緒に暮らす家族との触れ合いの中から、安心し信頼できる人間を感じさせることが必要です。

 

安心できる人が周りにいなければ、落ち着いて生活することが難しくなってしまいます。

 

家族に慣れてきたら、他の人とも触れ合える機会を作ってあげましょう。

 

自宅に来客などがあった場合、触れ合えるようにしてあげると知らない人に会っても驚くことが少なくなります。

 

電話やインターホンなどの音も、初めて聞く時は驚くことが多いので注意しましょう。

 

どこから出てくる音なのかが分かれば、次に鳴った時に驚くことが少なくなります。

 

掃除機を使う時にも注意が必要です。聴覚が人間以上に発達しているため、考えている以上に大きな音に聞こえ驚かせてしまうことが少なくありません。

 

見ている前で掃除機を使うようにすれば、違う部屋で使っても驚くことがなくなるので何度か経験させてあげることが必要です。

 

オートバイやパトカーなどの音にも反応するので、見えるようにしてあげると落ち着いてくるでしょう。

 

小さいうちは、環境に慣れさせることが重要です。

 

子犬にとって新しい環境は、生まれて初めて見る知らない場所なので少しずつ慣れさせましょう。

 

安心できる場所にならなければ、睡眠不足などになり体調不良の原因になります。

 

 

トイレのしつけもこれからの生活に必要な大切なことです

トイレのしつけ方は、家に来た日から始めましょう。

 

間違った方法でトイレのしつけをすると、怖がってしまい上手に排泄ができなくなる可能性があるので注意が必要です。

 

部屋の中にトイレを置く場合は、排泄した物を置きニオイを付けておきます。

 

行動をよく観察し、トイレに行きたい仕草をしたら自然と誘導するようにしましょう。

 

抱き上げたり無理に連れて行くよりも、歩く方向を少しずつ変えながら誘導する方が覚えやすくなります。

 

トイレの場所を覚えるまで、根気強くしつけることが大切です。

 

トイレのしつけ方では、排便をしたい素振りを見せたらすぐに誘導していくことが大切になります。

 

子犬の行動をよく観察し、優しく誘導すると早く覚えるでしょう。

 

トイレに失敗しても、絶対に怒ってはいけません。

 

排泄に失敗して怒られたと考えてしまい、飼い主から見つからない場所で隠れてするようになるでしょう。

 

正しくトイレができたら、褒めてあげることも大切です。

 

何度かトイレを教えているうちに、正しく排泄することができるようになります。

 

この時に褒めてあげると、トイレをここですることは正しことと覚えてくれるので重要です。

 



食事をする時のルール作りも大切なしつけになります

食べ物のしつけ方で大切なことは、人間が使っているテーブルから与えないことです。

 

人が食べていると、側に近づいてきておねだりをすることがあります。

 

人間の食べている物を与えてしまうと、犬にとって害のある成分が含まれている可能性があるので注意しましょう。

 

人がいない好きにテーブルの上にある食べ物を食べてしまうこともあるので、しっかりとしつけることが重要です。

 



無駄吠えをしないようにするしつけ方

無駄吠えをしないようにしつけることも、近所迷惑などを防ぐ大切なしつけになります。

 

無駄吠えをしないようにするしつけ方は、飼い主の合図で止めるようにすることです。

 

チャイムの音などで吠えたら、待てという合図で止めるようにしていきます。

 

上手に吠えるのを止めることができたら、おやつなどを与えて褒めてあげましょう。

 

何度か繰り返していくうちに、無駄吠えをすることが少なくなってくるでしょう。

 



散歩のしつけ方

散歩をする時に練習も、大切なしつけの一つです。

 

散歩のしつけ方は、最初は室内でリードを付けながら歩くようにします。

 

慣れてきたら、飼い主の足の横について歩くようにしつけましょう。

 

少しずつ足の横で歩けるようになるので、おやつを与えながら練習をしていきます。

 

家の外での散歩は、車や知らない人などがいるので飼い主から離れてしまうと大変危険です。

 

犬を飼い始めた小さい頃からしつけていくと、無理なく覚えさせることが可能になります。

 

コメントを残す