モグワンドッグフード人気の秘密

モグワンドッグフードの特徴

ペットの犬は大事な家族だから手作り食を食べさせたい、だけど栄養のバランスも考えないといけない。

 

そんな悩みを犬の飼い主ならだれでも1度や2度考えますが結局のところ犬にとってベストな食事というのは想像する事しかできません。その1つの答えがドライフードなのに手作り食というコンセプトで作られたモグワンドッグフードです。

 

 

原材料にこだわりを持っていて健康を害する可能性があるもの、例えば添加物は入っていませんし、栄養バランスを考え比率を考えに考え抜いたドッグフードです。原料はチキンとサーモンで全体の約53%を締めており、その他の原材料を見ても普通に人間が食べている食材が並んでいます。もちろん人間用に作られたものではありませんが身近な材料が使われていますので安心感を持てますね。

 

その肉類は生肉を一番に使用していて、質のよいビタミンや脂質、たんぱく質を効果的に摂取する事ができる上に、脂分を落とした栄養をぎゅっと閉じ込めた乾燥材料を加える事で、栄養バランスをうまい具合に調節しています。その他には食物繊維も豊富でサツマイモやバナナ、リンゴなどは人間でもお通じをよくするために食べる事がありますが、モグワンにも配合されておりビタミンの補給も兼ねて効果的です。

 

 

モグワンとカナガンの比較

モグワンが開発されるまでカナガンが先行しており愛犬家の間で評判でしたが今ではモグワンにその座を奪われております。

 

どちらもグルテンフリーで高動物性タンパク質である点と添加物を使っていない点は一致していますが使用している原材料、配分を改良したのがモグワンです。

 

肉類は今までチキンベースだったものにサーモンを追加、油脂は鶏脂をやめてココナッツオイルに変更、野菜は匂い、食いつきなどをよくするために一部変更し、更にビタミンや食物繊維のバランスも考えられた配合していて、果物には新たにバナナやパパイヤを追加し、ハーブ類も使用している種類を一部変更し配分も変えています。

 

その他にもメチルサルフォニルメタンと呼ばれる人間用のサプリメントにも使われるアレルギーを緩和する成分が配合されているため、何か症状を持っている犬でも出にくくするように改良されています。

 

どちらも優れたペットフードで、どちらを選ぶべきか迷ってしまいますがあえて決めるならば、高たんぱくが必要な子犬、とりわけエネルギッシュな子であればカナガンを、健康重視でサーモンが好きな子やお通じをきちんとしたい子、関節痛が心配な犬などはモグワンにした方が効果的です。

 

 

モグワンは抜群の食いつきの良さ

一般的にペットフードはその動物がよく食べるようにどの製品も工夫されてます。

 

そもそも品質が良くても食いつきが悪ければ何の意味もありませんので、もしあったとしたら発想が間違っていると言えるでしょう。そういった意味では食いつきのよさというのはモグワンはもしかするとそこまで秀でるものはないのかもしれません。

 

ただし食いつきがいい商品は次に製造コストを考えて日持ちするように健康にすぐに影響しないような配合で防腐剤などの添加物が一般的には配合されます。

しかしモグワンの公式サイトにはこんな記述があります。

 

試食会にて97.8%のワンちゃんが食べた。今までのドッグフードは全然違うと驚きと喜びの声が。それを証明するかのように実際に購入した事があるユーザーのブログでも食いつきのよさを証明する写真、他の食事と一緒に与えたけどモグワンだけペロリと食べたなどのコメントが容易に見つかります。

 

つまり添加物が使われていないペットフードでほとんどの犬が食いつきのいいドッグフードという特別の評価を与える事ができるのです。

 

モグワンはどのフードが健康にいいのか分からない、市販のフードは口臭が気になる、ずっとキレイでいて欲しい、添加物は嫌だという飼い主の悩みや要望に応えつつ、しかも食いつきがいいペットフードという訳です。

 

 

モグワンドッグフードの安全安心

モグワンドッグフードは日本よりもペット文化が盛んなイギリスで開発されたペットフードです。

 

動物に関する法律も日本より断然厳しくドッグフードに関する取扱いも厳しく管理されており、その基準をクリアしているのはもちろん、同社独自の取り組みでさらに厳しい基準を設けて開発されています。

 

添加物はもちろん使われていませんしグレインフリーのため大豆などの穀物アレルギーの心配もありません。更には製品毎にシリアルナンバーが振られており、この製品はいつどこでどのロットを使用したのか追跡する事が分かる仕組みになっており、万が一製造販売後に何か事故などが発覚した時も番号ですぐにどれに問題があるのか特定する事ができるような仕組みになっています。

 

人間用の食品でもシリアルナンバー管理されていないものは珍しくないですからペットも家族の一員として大切にしている同社の姿勢は好感が持てます。

 

また人間と同様に年を取ると心配になるのが関節疾患でグルコサミンやコンドロイチンが配合されていて関節疾患を引き起こしやすい犬にも優しいドッグフードです。栄養素が豊富ですから若い犬はもちろん関節痛が心配になってくる老犬にも安心して与えられるドッグフードです。




 

コメントを残す