Badoogiペットドライルームでペットの入浴後が楽になります

Badoogiペットドライルームでペットのストレスと飼い主さんの手間を解決

ペットが日ごろ散歩やアウトドアなどへ出かけると、だんだん被毛が汚れていきます。カット犬種の子もそうでない子も、臭いや汚れを防ぐために定期的なシャンプーは欠かせません。トリミングサロンへ連れて行くのが一般的になっていますが、予約が取りづらかったり費用が高かったりで頻繁には連れていけないこともあり、特に多頭飼いの飼い主さんには悩みの種です。

 

自宅でシャンプーをしたいという飼い主さんは多く、実際にシャンプー剤も様々な種類が売られています。シャンプー自体はお風呂場を使えば意外と簡単ですが、問題は時間のかかる乾かしです。動き回るペットを乾かすスペースがない、ドライヤーを怖がって乾かせないなど乾かしに関する悩みはたくさんあります。これを一気に解決してくれるのがBadoogiペットドライルームです。

 

 

Badoogiペットドライルームはキャリーバッグのようなドライルームにペットを入れてしまうので動き回られることが無く、あとは乾燥を待つだけなので手間が省けます。入れっぱなしとはいえペットに対するストレス軽減の工夫も満載で、強い風が一か所に当たり続けるようなことがなく、優しい風がルーム内を循環して全身を乾かすように設計されています。

 

ドライヤーも音が静かなので、怖がって逃げ回ることもありません。ペットドライルームの中だけで完結するので抜けた毛が部屋の中に飛び散ることもなく掃除も楽で、シャンプー後は畳んで収納しておくこともできるので便利です。小型犬なら2、3匹を一緒に入れておくことができるので、今まで1匹ずつ洗っては乾かしを付きっきりで繰り返していた作業からも解放されます。

 

ペットにストレスをかけずなおかつ飼い主さんも楽にシャンプーをしてあげることができるので、トリミングサロンに頻繁に通う必要もなくなります。汚れや傷、破れにも強い丈夫な構造や材質でできているのでやんちゃな子や噛み癖がある暴れん坊な子でも安心して乾かせるドライルームです。

 

ペットを乾かすストレス解消!【ペットドライルーム】

Badoogiペットドライルームの特徴

Badoogiペットドライルームはドーム型のキャリーバッグのような形をしています。ここに専用の静音ドライヤーを取りつけ、ゆったりとしたドライルーム内を穏やかな風が循環し、ペットの被毛を乾かしてくれます。

 

Badoogiペットドライルームの一番のメリットは、キャリーバッグ型なので中にペットを入れてしまえばどんなに動き回られても押さえておく必要がない点です。一般的な人間用のヘアドライヤーを使って乾かそうとすると、ドライヤーを持ったまま動き回るペットを押さえ、なおかつブラシで毛を逆立てて根元まで風が届くようにしなければならず、一人だと物理的にかなり難しくなります。

 

Badoogiペットドライルームを使えばペットは入れっぱなしでよいので両手が空き楽チンです。このドライルームには手を入れられる窓が二か所付いているため、ドライヤーに慣れていない子でもスキンシップを取りながら乾かしたりブラッシングをして効率を高めたりすることもできます。

 

ペットをドライヤーで乾かす際に一番苦労するのは、大きい音や強い風を怖がって逃げてしまうケースです。これがトラウマになってしまうと自宅でのシャンプー自体が難しくなってしまいかねません。Badoogiペットドライルームは静音ドライヤーを使用しており、その静かさはデシベルで比べると美術館内と同じくらいなのです。

 

またドライヤーから出る風も、強い温風を当て続けるのではなくドライルーム内を循環するように設計されているため、穏やかな風でも全身に行き渡るので効率が良く、乾くのが速いです。

 

 

他にも天井は透明窓で様子がしっかり見えるようになっていたり、空気の通り穴が作られているので中が高温になりすぎなかったりとペットへのストレスを最小限にするよう工夫がされています。さらに中の材質は汚れや水に強いポリエステルで掃除が楽チンですし、折りたたんで持ち運ぶこともできるので収納にも困りません。ペットにも飼い主にも、安心して使ってもらえるドライルームです。

 

お風呂上がりのペットを乾かす快適空間【ペットドライルーム】

 

Badoogiペットドライルームは毛先から根本までムラ無く乾燥させます

Badoogiペットドライルームは、静音ドライヤーから出た風がドーム型のルーム内を循環します。これが、シャンプー後など濡れたペットの毛を乾かす際にドライルームを使うべき大きな理由の一つです。

 

人間用のヘアドライヤーは、一点に風を送り続けます。人間の髪の毛のように風を当てる面積が狭ければ手を動かしてドライヤーを操ればすぐに乾きますが、ペットは全身が毛で覆われているので前後左右360度動かし続けなければなりません。また、特にアンダーコートがある犬種では皮膚を露出させるくらい毛を逆立てて、根元までよく風を送らないとしっかり乾き切らず皮膚にダメージを与えてしまうことがあります。

 

Badoogiペットドライルームは循環した風が全身に当たるため、ドライヤーでは乾かしにくい部分の毛も十分に乾かすことができます。その原理として、ドライルーム内がある程度の温度に保たれるため、毛から水分が常に蒸発しやすくなっているというものです。

 

風の勢いに頼らないためドライヤーのようにやけどを起こすおそれもなく、毛や皮膚を傷めることもないため皮膚病予防にも繋がります。蒸発して乾かす方法なら根元からしっかり水分がなくなってくれるため、生乾きも防ぐことができます。

 

Badoogiペットドライルームは低温のスローモードと高温のスピードモードを選ぶことができます。スローモードはルーム内を余熱したり、短毛の子を乾かすのに便利です。長毛の子や速く乾かしたいときはスピードモードが使えます。また送風モードもあるため、トリミング犬種の子たちが仕上げにブラッシングをしながらスタイルを整えてあげる際にも便利です。

 

高温のスピードモードで使っていて万が一空気の通り窓を開けるのを忘れていても、過熱防止機能が備わっており自動で送風モードに切り替わるので安心です。ペットの被毛や皮膚の特徴を考慮し、くまなく乾かせるよう工夫されたペットドライルームならペットへの負担を減らし自宅でのシャンプーも快適に行えます。

 

楽チン♪早い♪静か♪【ペットドライルーム】 

 

ペットはなぜドライヤーを嫌がるのか

ペットがドライヤーを嫌がる一番の理由は大きな音です。一般的なヘアドライヤーの音は約70dbといわれ、これは鉄道やバス、新幹線内や大きな道路の周辺と同じくらいです。ペットは人間よりもずっと耳が良く、人間にとっては気にならない程度の大きさでもペットにはよりうるさく聞こえてしまい、大きなストレスをかけます。

 

しかしヘアドライヤーを使って乾かそうとするとこの騒音は避けられず、ペットもどんどんシャンプーやトリミングを嫌がるようになってしまいます。たまにドライヤーを怖がったり逃げ回ったりしないという子がいますが、それはドライヤーが本当に平気なわけではなく、恐怖や緊張で体が固まって動けず怯えているだけの可能性もあり、実はかなり大きな負担をかけているかもしれません。

 

できるだけストレスを与えず、なおかつ心地よいトリミングを経験してもらうためには、Badoogiペットドライルームに付属するような超静音ドライヤーがペットの耳にも優しくお勧めです。

 

またペットがドライヤーを嫌がるもう一つの理由が風です。毛を乾かす上で風を当てるのは仕方のないことですが、強い風が体に当たり続けるのを嫌がる子は多いです。

 

ヘアドライヤーは一か所にしか風を当てられないため、全身を乾かすのに時間がかかります。速く乾かしてあげようと強い風や熱すぎる風を当てるとペットの皮膚にストレスを与えてしまいますが、かと言って弱い風だと水分がまったく蒸発せずなかなか乾きません。また風から逃げようと動き回るペットとのいたちごっこになるため、とても効率が悪くなります。

 

Badoogiペットドライルームなら全身に心地よい風があたるため皮膚や毛にダメージを与えにくく、ヘアドライヤーで乾かすより短時間で完了するのでペット自身へのストレスも軽減することができます。速く効率よく乾かすことが、電気代や飼い主の手間を節約するだけでなくペットのためにもなるため、Badoogiペットドライルームが幅広く使われているのです。

 

多頭飼いの方は必見!今までの苦労は何だったのか?【ペットドライルーム】

Badoogiペットドライルームはこんな飼い主様におすすめ

Badoogiペットドライルームは飼い主とペットの両方に便利で安心な機能がたくさん備わっているので、様々な使用シチュエーションが望めます。

 

一番お勧めできるのは、自宅でシャンプーをしてあげたいというケースです。トリミングに出すと費用がかかりますし、なかなか予約が取れないなどの問題もあります。自宅でシャンプーできれば費用が浮くだけでなく、知らない場所でトリミングされるストレスからも解放してあげられます。カットが必要な犬種の子でも、今回はシャンプーだけでいいという場合なら自宅で済ませてあげた方がストレスがありません。

 

ペットのトリミングはシャンプーより乾かす方に時間がかかりますが、Badoogiペットドライルームを使えば基本的には両手が空くので付きっきりになる必要が無く、忙しい飼い主さんにも便利です。乾かす際に飛び散りやすいペットの毛も、Badoogiペットドライルームを使えばルーム内に留まってくれるので掃除が楽で部屋も汚れません。

 

雨で塗れてしまったときや川遊びから上がってびしょ濡れのときもBadoogiペットドライルームは役立ちます。そのままだと生乾きになるので臭いも出ますし皮膚や毛に優しくありません。ペットドライルームで乾かしてから家や車に上げてあげるのが一番です。

 

送風モードを利用して、毛を乾かす以外の使い方をすることもできます。例えば夏場の扇風機代わりに、ドライルームに入れておいてあげれば暑さをしのぐのに使えます。風が強い日や花粉などが飛んでいる季節には、散歩帰りに送風モードのドライルームを利用することで埃や花粉を飛ばし、部屋に持ち込むのを防ぎます。

 

Badoogiペットドライルームを普段からキャリーバッグやハウスとして使用し、ペットに慣れておいてもらい、自然に自分から入るようにしつけておくのがお勧めです。こうすることで、元々ストレスの少ないドライルームをより快適に使うことができます。組み立てや持ち運びもすぐにできるので、いつでもどこでもペットの清潔を保ってあげられます。




 

コメントを残す