犬の脱毛症の原因と治療

犬の脱毛には生理的なものと病的なものとがあるのです生理的な脱毛とは、季節の変わり目などに被毛が抜けるもので、脱毛部が目立つことは滅多になく、また痒みや発疹などの症状が見られることはありません。一般的に暖かな季節を迎えると、柔らかな下毛が抜け、毛皮の風通しがよくなります。病的なものでは、部分的に脱毛して、地肌が見えるくらいになるのです。

続きを読む