犬の嘔吐について

knight-340901_640

激しく嘔吐するのは深刻な病気や中毒のサインです

犬は、散歩の道すがらに往々にして道路脇の草を食べて、それを後で吐き出す時があります。

それから、度を越えて沢山与えられた食べものを無理して食べたり、味が濃い食べものを食べたりすることで吐くことだってあります。

これらは病気が原因ではなく、犬が体を正常に保つための生理現象といえるのです。

ところが、このような理由がないはずなのに嘔吐をしたら、それは病気や中毒のサインであると考えたほうがいいでしょう。

特に 1日の内に何度も繰り返して吐く(あるいは吐き気をもよおす)、激しく苦しそうに吐く、吐いたものの中に血や異常な内容物が混じっている、有害な薬物や異物を呑みこんだために吐く、などの場合には、深刻なまたは緊急を要する病気の可能性が高いのです。

吐くという症状の原因として最初に考えられるのは、胃や腸の病気です。

しかし他にも、全身的な病気や神経系の異常などが原因で吐き気は起こります。

生理現象として吐く場合には、たいして苦しがらず、食べたものがそのままの形で出てきます。

このようなときには吐いた後には何事も無かったかのごとく元気に行動しています。

しかしこのような吐き方でも、毎日繰り返すようでしたら、栄養の摂取量が不足して衰弱する危険性もあります。

また食べものを反射的に吐くときは、巨大食道症といった病気の可能性があり、吐いたものが気管に入ると肺炎になる危険も考えられます。

これに対して、犬が腹部や胸部、それに横隔膜の筋肉全体を波打たせるように動かして苦し気に吐くときには、急性の病気の可能性があります。

ともかくこれらの嘔吐を繰り返したり、更に嘔吐物の中に血がまじっているのでしたら、緊急事態と考えたほうがいいでしょう。

激しい嘔吐を起こす原因はいろいろあります。

例えば食べすぎや異物(プラスチック、布、石、ヤキトリの串、かたい骨など)を呑みこんだり、異物によって腸閉塞を起こしたときも吐き気の症状が現れ(吐こうとするが吐けないで苦しむときもあります)、腹部が張ってきたり、食欲がなくなります。

これ以外に胃潰瘍、胃捻転、胃拡張などが嘔吐が現れる原因となります。

これらはいずれも緊急の治療を要します。

とにかく胃捻転や腸閉塞が原因のケースだと緊急手術を必要とし、 手遅れとなってショック死することも珍しくありません。

ちなみに胃捻転は、犬が大食いをしたすぐ後に激しく運動すると起こりやすいので注意が必要です。

また感染症の影響で嘔吐が起こります。

パルボウイルス感染症(犬伝染性腸炎)、ジステンパー、レプトスピラ症、肝炎などに感染すると、元気がなくなり、激しく吐いたり下痢をしたりするのです。吐いたものや下痢便には血が混じることもあって、緊急の治療が必要です。

そのほか、腎臓の働きが悪化して尿毒症を発症している、雌の犬で子宮蓄膿症が進行している、交通事故などで頭部を強く打った、中毒を起こしたなどにおいても嘔吐の症状が見られます。

いずれの場合でも激しく吐くというのは深刻な病気やケガのサインであるため、早急に、獣医師に診てもらうことが重要になります。その時には、犬の嘔吐の症状に対し獣医師になるべく的確に説明しましょう。

セレニア16mg4錠 セレニア(ファイザー製薬)は犬の急性嘔吐の抑制および予防、乗り物酔いによる嘔吐の予防に効果を発揮します。

スポンサードリンク

コメントを残す