ペットの回虫症

dog-410946_640

回虫は、虫の卵が糞便中に排出されます。それが外界で成長して成熟した卵となり、飲み込むと感染します。

この卵が体内で成長し、細長い白い回虫となります。それを駆除できるのが、アドボケートやインターセプターチュアブル、キウォフプラスです。

妊娠している犬が感染すると、体の中で胎盤を通して仔犬に感染し、仔犬の腸管に移行します。

感染している場合には、仔犬が生まれたときからすでに寄生していることも多いようです。

イヌ回虫の生態

イヌ回虫は成犬の体内では成虫になることはできず、生後5ヶ月以内の仔犬の体内でのみ成虫になれるという不思議な特徴をもっています。

雌犬の筋肉中に幼虫が存在しており、妊娠中に何らかのキッカケで仔犬へ幼虫が移行し、仔犬の体内で幼虫が成虫になります。

仔犬の腸の中で成虫になったイヌ回虫が卵を産み、その卵を成犬や他の動物が摂取することで感染が広ります。

回虫にはどのような種類があるの?

回虫にはイヌ回虫とイヌ小回虫の二種類がいます。大きくなった成虫が腸の中で詰まってしまうこともあります。

その場合は薬を飲ませて糞便と共にだしてしまいます。

どうやって体内に入る?

他の犬の糞便を食べてしまったり野生の小動物と接触し、卵を飲み込んでしまうことで体内に入ります。

体内では小腸で孵化します。

予防

散歩中に他の犬の糞便や小動物の屍骸を見つけたら、そこに近づかないようにさせます。

症状

腹部膨満、食欲不振、嘔吐、下痢が見られます。重症の場合には腸閉塞やけいれんなども認められます。

重症になる前に、おなかの回虫を駆除する薬を与えましょう。

治療法

駆虫薬の投与。1度目の投与後2週間目以降に再度検査が必要です。

ご購入はこちら 体内寄生虫駆除

スポンサードリンク

コメントを残す