暑い日は犬も熱中症に注意

そんなワンちゃんですが、暑い日が続くと、熱中症の心配が出てきます。
犬は口からしか汗をかいて放熱をするということができません。
興奮している訳でもないのに、呼吸が浅く、舌を出していたら要注意です。
熱中症は、重篤な状態になりやすく、最悪の場合は死に至ってしまいます。

続きを読む

犬の熱中症に注意する

暑い季節に起こりがちなのが熱中症です。
犬は人間のように汗をかいて体温を低下させるという機能がありません。
汗をかかない代わりに、口を開けて大きく呼吸をすることで体温の調節を行います。
しかし体毛があるため、寒さにはある程度対応できますが、暑さには大変デリケ-トです。

続きを読む

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症はメスの犬の子宮の内部に細菌が発生して、膿がたまっていく病気です。特徴として、犬の子宮内に膿が発生した時に犬がお腹の部分を地面にこすり合わせる行動があります。膿がたまっているので、気持ち悪いというアピールをするのです。お腹をこすり合わせる行動を行っている事は、子宮内にすでに膿が子宮内にたまっている可能性が高いので、すぐに動物病院の診断を受けます。

続きを読む

犬の子宮がん

犬も生き物なので、当然病気になります。特に、犬に多い病気のひとつに、悪性腫瘍があります。これは、いわゆる癌で、犬の病気の死亡原因の一位といわれています。メスの犬の場合、子宮の病気に気をつけなくてはいけません。特に子宮ガンは予後が悪く、治療も困難で費用もかかるため、気をつけてあげましょう。

続きを読む