愛犬の健康に配慮したドッグフードの選び方について『グリーンプラス』

great-dane-169101_640

飼い主にとって愛犬は家族の一員です。

だからこそ、その健康がとても気になるものです。

愛犬が元気に長生きするためにも、日常的にその健康状態に気を配る必要があります。

犬の健康にとって大事な要素の一つに毎日の食事があります。

乱れた食生活を送ってしまうと、人間同様に肥満や生活習慣病などの病気にかかってしまい、その寿命を縮めてしまうことになるのです。

また、添加剤や保存料などが配合されたドッグフードなども、愛犬の健康に悪い影響を与えかねません。

重要になるのが、ドッグフードの選び方についてです

愛犬の体に優しい安全性に優れたドッグフードを選ぶ必要があります。

グリーンプラスのドッグフードの原料となる素材は国産100%です。

出処がはっきりしているものだからこそ、安心して愛犬に与えることができます。

また、添加物が使われておらず無着色・無香料で、酸化防止剤などの保存料も入っていないため、愛犬の体に負担をかけることもありません。

ドッグフードの一粒一粒の形がまばらで均一でないのは、膨張剤が使用されていないためであり、余計なものが入っていないという確かな証拠です。

グリーンプラスのドッグフードには5種類の味があります。

それぞれのメインとなる材料は、愛犬の体に必要な良質なタンパク質となるポーク(豚肉)・チキン(鶏肉)・ビーフ(牛肉)・ホース(馬肉)・マトン(羊肉)です。

*ホース(カナダ産)・マトン(オーストラリア産)です。

5つの味から選ぶことができるため味が単調にならず、愛犬の好みに応じて自由に選ぶことが可能です。

それぞれの特徴としては、チキンは特に良質のタンパク質が含まれており、ポークにはビタミンB群が豊富に含まれています。

また、ビーフは高カロリーでアミノ酸が多く含まれており、ホースは鉄分の含有量が多く低カロリー、マトンは低アレルギーで高タンパクとなっています。

そのため、愛犬の体調や体質に応じた種類を選ぶこともできます。

また、メインとなる肉の他にも、米ぬか・小麦粉・卵白・雑穀・野菜・菜種油・魚・発酵調味液・卵殻カルシウムなどが用いられています。

雑穀には玄米・押麦・ハト麦・もちあわ・もちきび・玄そば・大豆・とうもろこしが、野菜には大根葉・ゴボウ・にんじん・キャベツ・白菜・高菜・パセリ・青ジソと豊富な種類が含まれています。

以上のように、グリーンプラスのドッグフードは安全性が高く確かな品質であると同時に、栄養バランスに優れたとても優良なドッグフードと言うことができます。

国産にこだわります!原材料は100%開示

人間が食べても大丈夫な原材料しか使用していません。

余計なものは加えません!無着色・無香料・保存料不使用

最も変色しやすい肉を主原料としながら絵の具のように鮮やかな色を保っているのは着色料のせいです。

着色料や着香料などの添加物は一切使用されていません。

保存料は使いません!酸化防止剤(防腐剤)未使用

酸化防止剤(防腐剤)未使用です。消費期限が短いのは安心な証拠です。

安心の国産・無添加のドッグフードは犬猫自然食本舗

スポンサードリンク

コメントを残す