ペットの健康食品は本当に健康のためになるか

b732f10046ae59f80d05e42470bc1738_s

犬や猫などのペットを飼育しているご家庭が増えており、健康を維持して長生きをさせてあげるためには、質の良いフードを食べさせてあげる必要がありますし、定期的に動物病院に通院をして検診を受ける必要があります。

犬や猫のフードは、加熱処理をして作られている商品が多いため、体に必要な栄養素が不足している場合があります。

犬や猫は、基本的には肉食の動物なので、とうもろこしなどの穀類を原料にしたフードは、アレルギーの原因になることもあります。

普段から無添加で質の良い肉類や魚類を使用したフードを与えてあげる必要がありますが、ペットのために健康食品を使いたい人も増えています。

犬や猫などのペットは、体調が悪くなると毛艶が悪くなったり、歯周病などが原因で口臭が強くなったり、加齢で耳が遠くなるので、普段からペットの変化に気を配ってあげる必要があります。

犬や猫は、人間に比べると香りや味に敏感なため、好みの味でないフードや健康食品は食べない可能性があります。

動物用の健康食品は、味や香りに敏感な犬や猫でも食べやすいように、高品質な肉のエキスを配合するなどの工夫をしており、おいしく食べやすい商品が増えています。

粒タイプやソフトカプセルタイプの商品は、食べやすい形状なので、高い人気がありますが、顆粒状や粉末タイプの商品や、ふりかけ状の商品も増えているため、いつものフードに掛けて食べられる商品も販売されています。

普段から無添加で加熱処理を行っていないフード類を与えている人や、野菜や肉類、穀類を使って手作りのフードを与えている人も多いですが、フードに加えてあげることで、不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維などを摂取できます。

現代は住宅事情や、交通事故のリスクを避けたり、伝染病やノミ、ダニなどから、動物を守るために、室内で飼育しているご家庭が増えています。

犬の場合は、朝夕に散歩をさせている人が多いですが、猫は完全室内飼いにしているご家庭が増えているため、運動不足による肥満が心配な人が増えています。

標準体重をオーバーしていると、腎臓病や糖尿病、高血圧などの生活習慣病に罹るリスクが高まるので、普段からカロリーの摂取を抑えて、適正体重を保つ必要があります。

動物用の健康食品は、DHAやEPA、セサミン、高麗人参、霊芝、アガリクスなどを原料にした商品も販売されており、体の免疫力を高めたり、腸内環境や体調を整える働きのある商品が販売されています。

現代は人間と同様にがんなどの病気に罹るペットが増えており、動物病院で内服薬の処方を受けたり、外科的な手術を受けている犬や猫も増えています。

がんを再発させないためには、動物病院で処方された内服薬を続ける必要がありますが、獣医師は体の免疫力を高めて、がん細胞の増殖を抑える働きのあるサプリメントなども、推奨しています。

2歳から3歳ぐらいの若い動物は、体力があるため、あまり病気をしない傾向がありますが、朝晩の寒暖差が激しくなったり、家族が留守にすることが多いとストレスを感じたり、ノミやダニなどに寄生されると皮膚が痒くなったり、赤くなったり、毛が抜けてしまう場合があります。

病気を予防するためには、獣医師も健康食品の重要性を感じており、動物病院でも販売されているので、体調の変化に合わせた商品を選んで飲ませてあげると良いでしょう。

犬や猫などの動物は、大変我慢強く、気付いた時は老化や病気が進行している可能性があるので、普段からエアコンなどで体温調節をしてあげたり、質の良いフードやきれいな水を与えてあげることも大事です。

健康食品を購入する時は、ペットの目線から開発された商品を選んであげる必要があります。

 


サプリメント特集

スポンサードリンク

コメントを残す