フィラリア予防薬のストロングハートチュアブルについて

a1180_008401_m

 

フィラリア予防薬のストロングハートチュアブルについて説明します。

 

まず、フィラリアに関してですが、フィラリアとは別名「犬糸状虫」といい、細く長くなる寄生虫の事です。

 

フィラリアは、犬の血液に入り込み、寄生し心臓病、肝臓病、腎臓病など様々な病気を引き起こす危険性のある寄生虫です。

 

では、なぜこのような寄生虫が犬の体内へ入るのかというと、その原因として、夏に良く見かける「蚊」が原因です。

 

フィラリアに感染した犬の血液を蚊が吸引する事で、フィラリアが蚊の体内に入り成長します。

 

蚊に吸引される前までの犬の体内にいるフィラリアは、ミクロフィラリアと呼ばれる、まだ感染能力の無い小さなフィラリアです。

 

それが蚊の体内へ取り込まれる事により、感染能力のあるフィラリアへと成長します。

 

もし、蚊に吸血されず犬の体内にフィラリアが留まっているままだと、フィラリアは成長する事なく小さな、ミクロフィラリアのまま一生を終えます。

 

蚊の体内へ入り、成長したフィラリアは次に蚊が刺すと同時に、犬へと移動します。

 

移動したフィラリアは、犬の皮膚の下や、筋肉の中で更に成長を続け、最終的には心臓へと向かい成虫となり、そこで新たなミクロフィラリアを産み付けます。

 

ミクロフィラリアは、犬の血液に入り込める程の小さいサイズなので、血液中を流れ、蚊に吸引されるのを血液内で待ちます。

 

こうして、恐ろしい感染のサイクルができてしまい、無感染の状態を作るのは、とても難しいのです。

 

そこで、フィラリアの感染予防薬として登場したのが、ストロングハートチュアブルです。

 

この予防薬は、小型犬用、中型犬用、大型犬用まで細かく分けられているので、犬の体型に合わせた予防薬を選択する事ができます。

 

こちらは、日本と世界のトップブランドでもある「カルドメック」と同成分でありながら、低価格を実現させているジェネリック薬品となります。

 

ストロングハートチュアブルは、フィラリアを吸引した蚊が発生する時期から、蚊のいなくなった後の1ヶ月から2ヶ月間は、月に一度一個の割合で投薬をすると、フィラリアなどの寄生虫の予防と同時に消化気管内線虫の駆除もできます。

 

服用量について、細かく分けられていますが、45kg以上の犬については、予防薬の錠剤を適切に組み合わせて与える必要がありますので、詳しい服用量については、専門の獣医師に相談する必要があります。

 

また、フィラリア予防薬を与える前にほ、必ず犬の血液検査を受け、フィラリア感染の無い事を確認して与えてください。

 

場合によっては死に至る恐ろしい寄生虫です。

 

ストロングハートチュアブルの詳しい情報は、ホームページにも記載されていますので予防を検討中の方は、一度ご覧になられてみてください。

 

ストロングハートチュアブル小型犬用

 

スポンサードリンク

コメントを残す