フィラリア予防薬人気ランキング

ストロングハートチュアブル

ストロングハートチュアブル小型犬用11kg以下

ストロングハートチュアブルはどんなお薬ですか?

 

日本と世界のトップブランド カルドメックチュアブルのジェネリック(薬品の成分量、安全性が同一)です。

 

一番人気のフィラリア薬ストロングハートのチュアブル(おやつ)タイプです。

 

犬糸状虫の寄生を予防すると同時に消化管内線虫の駆除が可能。

 

すべての犬種に1ヶ月1回1個のお薬投薬。

 

ストロングハートチュアブルの服用量

小型犬用:11kg以下

中型犬用:12kg – 22kg

大型犬用:23kg – 45kg

45kg以上の犬に対しては、これらの錠剤を適切に組み合わせて用います。

45kg以上の詳しい服用量については獣医師にご相談ください。

 

フィラリア予防薬カルドメックジェネリック、ストロングハートチュアブルとは?

 

「ストロングハートチュアブル小型犬用」は、トップブランド薬「カルドメック(ハートガードプラス)」と全く同じ成分でありながら、驚くほどの低価格を実現したジェネリック薬品です。

 

この「ストロングハートチュアブル小型犬用」は、予防効果の高いイベルメクチンを主成分とし、月1回の投薬で犬フィラリア症感染を予防し、回虫や鉤虫といったお腹の虫を駆除します。

 

「ストロングハートチュアブル小型犬用」は、犬の嗜好性の高いチョコフレーバーでおやつタイプとなっております。

 

微量のチョコレートが含まれていますが、ワンちゃんの健康を損ねる量ではございません。

 

ストロングハートチュアブルをご購入の前に

 

「ストロングハートチュアブル」を使用する前に、成虫が体内に寄生しているかどうか検査をする必要があります。

 

フィラリアを吸引した蚊が出現しはじめる時期から蚊のいなくなった後1~2ヶ月間投薬を続けましょう。

 

「ストロングハートチュアブル」のブランド薬「カルドメック」は、日本で初めて承認された犬フィラリア症予防薬で、国内での入手には獣医による処方が必要です。

 

しかし、全く同じ成分である「ストロングハートチュアブル」は、個人輸入代行活用で安価に購入することが可能となっています。

 

ご購入はこちら フィラリア予防薬

 

ダイロハート

 

ダイロハートはどんなお薬ですか?

 

「ダイロハート」は錠剤タイプのフィラリア予防薬です。

 

犬糸状虫の寄生を予防すると同時に消化管内線虫の駆除を行います。

 

かわいいハート型の錠剤でバニラの香りがします。

 

投与の際は、ドッグフード等に混ぜて食べさせると投与が簡単になります。

 

ひとたび口に入れると、犬の唾液が錠剤を柔らかくし、チュアブルタイプのように簡単に食べることが出来ます。

 

月に1回の投与になりますが、必ず30日後を目安に6回投薬し続けてください。

 

期間を空けすぎると効果が弱くなる場合があります。

 

カルドメックチュアブル(ハートガードプラス)は、日本と世界のトップブランド。

 

ダイロハートはそのジェネリック医薬品です。

 

ダイロハートのご使用方法

 

服用量:
ダイロハート小型犬用:11kg以下

ダイロハート中型犬用:12kg – 22kg

ダイロハート大型犬用:23kg – 45kg

45kg以上の犬に対しては、これらの錠剤を適切に組み合わせて用います。

45kg以上の服用量については獣医師にご相談ください。

体重45kgまでのすべての犬種に1回に1個の錠剤で対応しています。

 

そもそもフィラリア症ってなに?どれくらい怖い病気なの?

1)フィラリアとは?

犬フィラリア感染症は、蚊が媒介する犬糸状虫や犬心臓糸状虫など“犬フィラリア”と呼ばれる寄生虫が、犬の肺動脈や心臓に寄生して発生する病気です。

 

さまざまな形で犬の体調を悪くし、血液の流れが悪くなり、場合によっては死に至ることもある恐ろしい病気です。

 

犬の種類、年齢や体重などは関係なく、どんな犬・状態でも感染のリスクのある病気です。

 

ミクロフィラリア(フィラリアの幼虫)を宿した蚊に刺されることによって犬に発症しますが、ミクロフィラリアが蚊の体内で犬への感染能力を持った幼虫になるのに一定の気温が必要なため寒い冬の間は心配ありませんが、3月~9月の気温が暖い時には予防をしなければならない病気です。

 

2)潜伏期間

 

感染媒体の幼虫が体内に入ってもすぐに体調に変化が出る訳ではなく、フィラリアが最終寄生場所に住み着き、何年も時間をかけ、徐々に犬のカラダを蝕んで行きます。

 

気づいた時には、ひどい症状になってしまっていることもあります。

 

そのため、毎年の予防は確実に行い、できれば定期的な検査が必要です。

 

3)フィラリアの症状

 

咳が出る、元気がなくなる、食欲がない、おなかが大きくなる、血尿になるなどが主な症状になります。

 

成熟したフィラリアは長さ30センチくらいにもなる場合があり、細いそうめんのような形をしています。

 

長い時間をかけて肺の血管や心臓の内面にダメージを与えその結果、心臓の機能が低下し乾いた咳を出すようになり、最終的には、腎臓や肝臓にまで悪影響を与えます。

 

 

レボリューション

 

 

レボリューションはどんなお薬ですか?

 

レボリューションは、ノミの成虫を駆除し、卵の孵化を1ヶ月間防ぐことができます。

 

ノミの感染を防ぎ、犬糸状虫によるフィラリアの予防、回虫、鉤虫症、ミミヒゼンダニの感染を防ぎます。

 

犬・猫に感染しやすく、様々な被害をもたらす「ノミ」「回虫」「ミミヒゼンダニ」の駆除に効果的です。

 

レボリューションは、犬・猫の内部と外部寄生虫の両方に効果がある唯一の駆除剤です。

 

ノミの成虫の駆除だけでなく、ノミの卵や幼虫にも効果を発揮し、ノミの再寄生を予防します。

 

大切なペットを狙う主な寄生虫の駆除と予防が、この一本で行える、便利で簡単なお薬です。

 

レボリューションは月1回肩甲骨の間に滴下してフィラリア・ノミの予防を同時に行う便利なスポットオンタイプです。

 

経口薬が苦手なペットに最適!

 

レボリューションご利用の目安

 

月に一度季節を問わずご使用できます。

 

1ヶ月以上間隔があいた場合は、再び月に一度の使用を開始してください。

 

※セラメクチンは哺乳類に対し、安全性が高いとされています。

 

薬剤が誤って人の皮膚に付着しても、毒性学上極めて微量であるので、安全性上の問題はありません。

 

レボリューション子犬子猫用:2.5kg以下(生後6週間以上)、2.5kg以下の成犬

レボリューション超小犬用:2.6~5kg

レボリューション小型犬用:5~10kg

レボリューション中型犬用:10~20kg

レボリューション大型犬用:20~40kg

レボリューション猫用:2.6~7.5kg(生後8週以上)

 

レボリューションのご使用方法

 

シャンプーなどは、レボリューションの効果を保つため、適用後2時間以上あけてからにして下さい。

 

適用した部分の毛が少し固くなったり、色が落ちたりするようなことがまれにあります。

 

ご利用・ご用法は獣医師の指示に従ってください。

 

ノミ・マダニ・フィラリア駆除薬(ピペットタイプ)のご使用方法

 

Step 1
ご使用前にペットをお風呂に入れてあげましょう。シャンプーを丁寧にしてキレイにしてください。

 

Step 2
ご使用になるレボリューションが、ペットの体重に当てはまっているかを確認しましょう
(例:10kgのネコちゃんに子猫用を使用しても効果が発揮出来ない場合があります。)

 

Step 3
丁寧にパッケージを開けて下さい。1つのピペットで1回分です。

1ヶ月に1回全量投与して下さい。

 

Step 4
ペットの首のうしろの毛を掻き分けて、レボリューションの液を直接、皮膚の上に垂らして下さい。

液を全量出し切るように、チューブを親指で押し出して下さい。

投与後2時間以降はシャンプーをしたり泳いだりしても問題はありません。

全量を出し切り、投与が済んだらよく手を洗って下さい。

 

Step 5
薬品を浸透させるように、お子さんがいるご家庭では、お子さんが塗布した箇所を触らないようにするため、1時間程度は近づかせないようにして下さい。薬が早く乾くようにペットを歩き回らせると良いでしょう。

 

ご購入はこちら フィラリア予防薬

 

パノラミス錠

 

パノラミス錠
パノラミス錠は、1つの錠剤でフィラリア予防、ノミやマダニ駆除、犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫に効果のあるお薬です。

その有効性の高さから、日本国内で非常に話題となっており、大注目のアイテムです。

 

スピノサドとミルベマイシンの2つの有効成分が作用

 

スピノサドはノミやマダニなどの外部寄生虫に効果があり、もう1つの有効成分であるミルベマイシンは、フィラリア予防の薬の成分として知られています。

 

体内寄生虫の駆除もできることから、多くの方から支持されています。

 

経口薬だからお風呂もシャンプーもOK

 

パノラミス錠は経口薬。

 

投薬後のお風呂もスキンシップも、薬のことを気にする必要無し!

 

ワンちゃんの皮膚についたお薬を子供が触る心配もありません。

 

スピードが違う!即効性の威力

 

有効成分であるスピノサドは、ノミへの高い駆除能力を持っているため、投薬後30分で効き目が開始。

 

4時間後には、完全に駆除できていると報告されています。

 

毎月1回、たった1錠で完了

 

パノラミス錠は毎月1回、たった1錠を投与するだけで完了です。

 

従来のように、フィラリア予防、ノミマダニ駆除、体内寄生虫と何度も投薬する必要がありません。

 

パノラミス錠を安く買うなら こちら

キウォフハート

 

キウォフハート小型犬用

キウォフハートはどんなお薬ですか?

 

錠剤タイプのフィラリア症予防薬です。

 

犬糸状虫、犬の回虫、鉤虫を予防する効果があり、 また犬糸状虫の幼虫が成虫になるのを妨ぎます。

 

投薬方法について

 

投薬は蚊が発生する期間、月に一度の割合で行ってください。

 

投薬後は、数分間、ペットの様子をしっかり観察し、犬が規定量を完全に飲み込んだか、薬を吐いていないか、しっかりと確認しましょう。

 

飲み残しがあった場合、完全に予防できない場合があります。

 

前回の投薬から1カ月以上、間隔があくと効果が減少してしまいます。

 

そのため、1カ月に1度、あるいは毎月決まった日付に投薬してください。

 

投薬の前には必ず、犬糸状虫が体内にいるかどうかの検査をしてからご使用ください。

 

恐ろしい犬フィラリア感染症とは

 

犬フィラリア感染症は、蚊が媒介する犬糸状虫や犬心臓糸状虫など“犬フィラリア”と呼ばれる寄生虫が、犬の肺動脈や心臓に寄生して発生。

 

それらの“犬フィラリア”が愛犬に寄生することで、血液の流れが悪くなり、場合によっては死に至ることもある恐ろしい病気です。

 

キウォフハートの詳細はこちら

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す