猫のフィラリア対策

フィラリア症は元々犬の病気であり、フィラリア症に感染している犬の血を蚊が吸い、蚊の中にフィラリアの幼虫が入り込み、その蚊が猫の血を吸う時にフィラリアが侵入し発症するというのが主な感染ルートとなっています。

フィラリアの成虫は30センチ以上におよび、心臓などに入り込み、最悪の場合は死んでしまうという大変恐ろしい病気となっています。

これまで、猫はそれほどひどいことにはならないと言われていましたが、近年犬同様の発症を見せることが指摘されています。

 

フィラリア時期

蚊が媒介することから考えてもフィラリアに感染する時期は蚊が動き出す時期と連動しています。

そのため、春先から秋口までが感染しやすい時期であり、特に夏場は蚊も活発に動くため、細心の注意が必要です。

また、フィラリアが本当の悪さを見せるのは感染してから数カ月後と言われています。

咳や呼吸困難といった慢性的な呼吸器障害、食欲低下、体重の減少となって現れる猫もおり、感染した時期を特定するのが結構大変なのも特徴です。

一方、フィラリア虫の寿命が尽き、死滅する段階を迎えても油断はできません。

むしろ、その時期が猫にとって重大な症状を引き起こす可能性が高いからです。

体内でフィラリア虫が死ぬとそれに対して猫の体がアレルギー反応を起こします。

いわゆるアナフィラキシーショックと呼ばれるものであり、またフィラリア虫自体が肺血管に詰まってしまい、呼吸困難を起こすことも考えられます。

このため、定期的にチェックをしないことには突然死をさせてしまうことにもつながるため注意が必要です。

実際に治療する場合、いわゆる対症療法、そして直接フィラリアの成虫を駆除する、このいずれかが行われます。

対症療法ではステロイド剤や気管を拡張させる薬などでカバーすることになります。

これはフィラリアを取り除くのが猫の場合は難しいという側面があるためです。

実際に駆除するとなると、外科での手術ということになりますが、かなり重篤な場合に限られます。

犬で用いられる成虫駆除薬の投与はアレルギー反応を起こさせることがあるので一般的ではありません。

予防をする場合は、予防薬を定期的に投与をし続けることが大切です。

元々猫はフィラリアにかかりにくいと言われており、予防薬さえ投与しておけば少なくともそこまでひどいことにはなりません。

これは室内で飼っている場合も同様です。

蚊はどこから入ってくるかわからないため、着実に手段を講じることが大事です。

 

格安!猫用レボリューション3本入り

フィラリア予防薬レボリューションについて

フィラリアの予防薬として効果を発揮しているのがレボリューションと呼ばれるものです。

レボリューションはフィラリアはもちろんのこと、ノミやダニなどにも効果を発揮する薬として大変重宝されており、犬や猫に投与することが可能となっています。

レボリューションの中に入っているセラメクチンという成分が効果を発揮し皮膚に垂らすだけで予防をしてくれます。

強力な薬であるため、誤って口に入れてしまったり、必要以上に投与したりした時は副作用も強いため、注意が必要です。

猫のフィラリア予防にはレボリューション

駆除できるものとして、ノミやダニ、フィラリア、猫回虫などとなっています。

レボリューションが出るまでは、それぞれ別に対策を立てる必要があり、フィラリア予防のために薬を飲ませるということが行われていました。

レボリューションは一度に別々の作用を見せるため、手間も経済的負担もかからないというのが最大のメリットと言われています。

セラメクチンの濃度の違いによって値段も異なるため、どれくらいの効果を持たせたいかなどを考慮したうえで選択することをおすすめします。

注意点としては、レボリューションには体型に応じて数種類用意されているため、体型に合わせたものを使うことが大切です。

また、体重や年齢によってかかりやすい病気、そうでない病気があるため、必ずそうしたものを調整してチョイスしなければなりません。

特に猫の場合、生後間もない猫に投与をすると死んでしまう事例が過去にあり、生後2カ月まではこうしたものをできるだけ投与しないことが求められます。

その一方、フィラリアの予防薬としてレボリューションは強い効果を発揮しますが、フィラリアの治療薬ではないため、万が一感染していた場合にはアレルギー反応を起こさせる可能性があり、結果として死につながってしまうことからフィラリア検査をしないで投与するのは絶対に避けなければなりません。

フィラリアに感染していないことを確かめる必要があるため、動物病院で診察してもらうことが大事であり、その時に疑問点を聞くのがおすすめです。

そして、垂らすポイントとして皮膚に直接つけることが大前提です。

毛に垂らしてもあまり意味がないため、垂れてこないよう、何か所かに分けて垂らすこと、そして、猫が舐めないよう、肩甲骨のところに垂らすのが望ましいと言えます。

正しい使い方、そして、猫の年齢、体重に合わせた形で投与することが大切であり、それによってフィラリアから猫を守ることができます。

 

レボリューションのご購入はこちら

スポンサードリンク

コメントを残す