猫のフィラリア診断と治療費について

大切なペットが病気になって元気がなくなると飼い主さんとしてもお世話が足りなかったのか日頃の体調管理が良くできてなかったのではないかと落ち込んでしまうこともあるでしょう。

特にペットは自分で言葉を発することが出来ないため様子がおかしいと思ったら病気だったなんてことも少なくありませんので、早めに対処して治療をしてあげましょう。

動物には数多くの病気がありますが、その中でも犬や猫に発症率が多いとされるフィラリアは、どのような症状が出たらフィラリアと診断されるのか、その原因や診断などについて詳しく考えてみましょう。

 

フィラリア診断

猫のフィラリアの原因としては、犬と同様寄生虫の一種であるフィラリア幼虫を含んだ蚊に刺されることで発症することが多いとされています。

室内で飼われているよりも屋外に外出させる機会の多い猫の方がフィラリアに感染することが多いとされており、感染すると咳や息切れ、嘔吐などが多くなったり運動を嫌がるなどの症状がみられるようになります。

猫のフィラリア診断の場合に、良く行われる検査が抗原検査、あるいは抗体検査という血液検査が多いとされています。

抗原検査は、フィラリアのメス成虫の生殖管から猫の体に放出された抗原を検出することでフィラリアを発症しているかどうかを診断します。

ただ、メス成虫が体内にいなかった場合、虫の性別がオスだけの場合にはフィラリアを発症していても検査に引っかかることなく偽陰性となることもあります。

抗体検査は、猫の体の体内でフィラリアを駆逐するために形成された抗体と呼ばれる免疫であるグロブリンを検出することによってフィラリアかどうか診断する方法です。

この検査法の場合にはオスもメスも関係なく成虫で幼虫でも検出することが出来ますが、フィラリアが体内にいなくても抗体だけ猫の体内に残っていることもあるため、今現在本当に体内にフィラリアがいるのかということは診断しにくくなるとされています。

その他にも、「ミクロフィラリア検査」という血液中のミクロフィラリアを顕微鏡などで直接確認する方法もあるとされていますが、見つかる可能性は20%未満と低いことから確実に診断できる検査法ではないと言えます。

このように、血液検査だけではフィラリアと診断することは難しいため、臨床症状や血液検査はもちろん、その他にもレントゲンや心エコー検査などを行って総合的に判断していくのが望ましいのです。

猫のフィラリア症

フィラリアの治療費

では、飼い猫がフィラリアにかかった場合の治療費はどのくらいかかるのか気になるところです。

自分の可愛いペットが病気になったのだから治療費を惜しまず治してあげたいと思うのは飼い主さんであれば当然のことと言えますが、基本的にペットにかかる治療費は自由診療となるため、実際にはどのくらいかかるのか把握しておきたいというのも本音と言えるでしょう。

そこで、フィラリアの治療費としてはどのくらいかかるのかについて今度は考えていきましょう。

もちろん、病院の料金設定や症状、その猫の体質などによっても異なってくるとされていますが平均としてはどのくらいかかるのか知りたいところでしょう。

まず、フィラリア成虫を死滅させるためにメラルソミンというヒ素を注射して行う療法の場合には一回の注射で4500~9000円前後かかりますが、強力な薬で打ってから1年間効果が持続します。

その他には、カルドメックやモキシデックなどのフィラリア予防薬を一か月毎に投与することになりますが病院によっても異なりますが600~2500円前後です。

次に、抗生物質を一か月与えますが、時と場合によっては時間を空けて何回か投与することもあり、中にはフィラリア成虫を死滅させるボルバキアという抗生物質もあります。

ただ、抗生物質の場合種類によっては高価なものがあり費用がかさんでしまうこともありますが、その猫の体調に合ったものを処方してもらうようにしましょう。

そして、薬などでは対処できず回復しない場合の、重度のフィラリア症を患った場合には手術が必要となることもあります。

首の付け根にある血管から専用器具を入れて、直接フィラリア虫を摘出していく方法でこれも病院によって費用は異なりますが平均で7~8万円ほどかかりますので、事前にかかりつけの動物病院に確認するのが良いでしょう。

大動脈などに詰まった寄生虫を取り除いても、損傷した心臓や肺は元には戻りません。

受けたダメージが回復するかしないかはその猫の体力次第とも言えますので、できることならあまり症状が進行しないうちに体調の変化に気づいて治療を行ってあげる方が、猫の負担も少なくて済みますし費用もかさまずに済むと言えるでしょう。

大切なペットの健康管理は飼い主の義務であるとも言えますので、日頃からしっかりと観察しながらペットの体の変化に気づいてあげられるように心がけてください。

フィラリア予防薬レボリューション猫用

 

スポンサードリンク

コメントを残す