猫のフィラリア予防にはレボリューション

昨今、猫のフィラリア予防を意識する方が増えてきました。

フィラリアと言えば犬がなる病気でしたが、現在では犬だけではなく猫にも被害は拡大しつつあります。

フィラリアを発症する経路は犬と同様に蚊が媒体となっています。

しかし犬と猫では同じフィラリア症でも、症状が異なるのが特徴です。

 

猫のフィラリア症状

犬の場合は咳や食欲不振などの症状があらわれ、場合によっては命を落とす可能性もあります。

対して猫の場合は咳や食欲不振をはじめ、体重減少などの症状があらわれます。

これらの症状はあくまで代表的なものであり、猫によってあらわれる症状は様々です。

しかし身体が小さい猫の場合、フィラリア症による身体への負担はとても大きいと言われています。

フィラリア症による症状は進行状況によって大きく3つに分けられます。

フィラリアが肺動脈まで到達した場合は、呼吸器疾患などの症状があらわれるのが特徴です。

ただしフィラリアが成虫になると免疫機能によって症状が一時的に収まることがあります。

次に成長したフィラリアが死滅した段階です。

この場合死滅したフィラリアによって肺疾患が起きることがあります。

場合によっては命を落とすケースも少なくありません。

最後に肺疾患を乗り越えた後です。この場合、フィラリアが死滅した際に生じた肺疾患によるダメージによって、呼吸器疾患が続くケースがあります。

このようにフィラリアは治っても、大切な猫に後遺症を残すケースがあるため注意が必要です。

しかし猫のフィラリアは犬と比べると発症しても、症状があまり表にでません。

そのため発見が遅れるケースは少なくないようです。

しかしある調査によると猫のフィラリアは想像している以上に多く、室内猫でも4匹に1匹はフィラリアの可能性があると言われています。

しかしフィラリアを発症した場合、確実な治療法はまだ確立されていません。

例え外科手術でフィラリアを除去したとしても、呼吸器疾患は残ると言われています。

そのため大切な猫を守るためにはフィラリア症を発症しないための予防が大切です。

フィラリア症の媒体となる蚊は、外でも室内でもいつ猫を襲ってくるか分かりません。

より確実な猫のフィラリア予防をするのであれば、猫専用のフィラリア予防薬を定期的に投与することをおすすめします。

フィラリア症は最悪の場合、大切な猫の命を奪う可能性がある危険な病気です。

そのため予防薬を使用することで大切な猫をフィラリアから守ることができます。


猫のフィラリア診断と治療費について

猫のフィラリア症

フィラリア予防薬レボリューションについて

猫のフィラリア予防薬として有名なものにレボリューションがあります。

レボリューションとはゾエティス社が販売している駆除予防薬で、今では多く使われている革命的な予防薬です。

なぜ革命的と言われているのか、それは一つの薬でフィラリアをはじめノミ・ダニの予防が行えるからです。

レボリューションにはセラメクチンと呼ばれる成分が配合され、ノミ・ダニをはじめとした寄生虫の駆除や規制予防、そして例え卵を産み付けられても孵化させない作用があります。

なぜ多くの寄生虫に効果があるのかは、アプローチの仕方にあります。

例えば毛や皮膚に寄生した寄生虫の場合、皮膚に投与した主成分セラメクチンによって駆除されます。

また内部に寄生虫が侵入したとしても血管内、そして血管から排出されたセラメクチンと接触することによって駆除されるのです。

フィラリアをはじめ、ダニやノミから守るレボリューションは一つ投与するだけで効果があるため、お財布にも優しい予防薬といえるでしょう。

レボリューションの効果が持続する期間は、およそ一ヶ月です。

フィラリアが気になる場合は蚊がいる期間だけ使用してもよいですが、大切な猫の病気を予防することを考えると一年を通して使用するのがおすすめです。

また投与方法は簡単で、手軽に行なえます。

薬には経口摂取タイプとスポットタイプがあるため、目的にあったものを動物病院で処方してもらいましょう。

スポットタイプの場合、投与する場所は猫が舐めたり触れたりできない部位である首の後ろになります。

レボリューションは独特のニオイがあり、猫によっては嫌がるケースもあるため素早く投与するのがポイントです。

飼っている猫が一匹なら投与して終わりですが、多頭飼いしている場合は猫同士が毛づくろいしないように注意してください。

またレボリューション投与後は薬がしっかり浸透するように、2時間はお風呂に入れないことをおすすめします。

効果の高いレボリューションですが、気になる点が副作用です。

レボリューションは発売してすでに10年も経過していますが、大きな問題になるほどの副作用報告はありません。

投与後に嘔吐や下痢などの症状があらわれたという報告もありますが、レボリューションとの明確な因果関係は証明されていないようです。

また間違った方法でレボリューションを使用したことで副作用が起きたケースが多いと言われています。

レボリューションは正しく使うことで安全で効果の高い予防薬といえるでしょう。

 

レボリューションのご購入はこちら

 

スポンサードリンク

コメントを残す