災害時のペットの緊急避難

 

私たちの住む日本列島は、大地震や火山噴火、台風や水害といった自然災害にたびたび見舞われてしまいます。

 

そういうわけで、すべての日本人にとって、自然災害が起きた時の緊急避難対策を準備しておく必要性がありますが、それは犬や猫などの動物の家族の場合もいえることなのです。

 

cyclone-62957_640

 

災害に襲われた場合、最初に行動しなければいけないことは、人間と一緒に大切な家族である動物も同時に避難させることです。

 

避難場所に犬や猫を連れて行っていいのかどうか迷うことはありません。

 

まず第一に連れていくことが最優先なのです。

 

災害の規模や重大さによって変わってきますが、遅くとも数日中には地域内の獣医師会や動物保護団体、ボランティア、そして自治体が一緒になって動物たちの受け入れ体制を準備することが可能だと思われます。

 

もしも犬や猫を家に放置してしまったら、そこが危険区域に指定されれば、後で助けに行くことができなくなることも考えられます。

 

そうすると彼らは不安と恐怖、怪我や飢えのために命を落とす可能性が大きくなります。

 

こういった非常時に犬や猫などを連れて避難するには、日頃から適切なしつけと健康管理を行い、他の多くの動物にまぎれたりはぐれたりしても見つけ出すことができるように個体識別の方法をとっておくことが飼い主の責任です。

 

また、避難先では他の犬や猫と集合状態になった場合のことを想定して、あらかじめ不妊、去勢手術、ワクチンの摂取、体内・体外の寄生虫の駆除などをしておかなくてはいけません。

 

個体識別については、鑑札や迷子札をつけることは勿論の事、首輪が外れても識別できるマイクロチップを皮下に埋め込むことも効果的です。

 

運搬用のケージ入ることに慣らせておくことも必要です。

 

ケージに入れるとパニック状態になるようでは、移動中に飛び出たり、避難先で行方不明になりかねません。

 

しつけは何よりも重要です

 

しつけができておらず、ほえつづけたり、咬みついたりする犬は集団生活の中では周囲の迷惑となり、飼い主が責められることになってしまいます。

 

動物たちはこのような環境下では災害にあった恐怖、騒乱状態への恐怖心環境激変による混乱、飼い主と離れることによる分離不安などが生じ、普段とは全然違う心理状態にあると考えなくてはいけないのです。

 

避難時には、最低限の世話をする用具が必要です

 

普段から次のような避難セットを整えておきましょう。

運搬用のケージと引き綱

3~5日分の食事と水、食器

敷物やおもちゃ

病歴や服用中の薬、ワクチンの接種歴、体内外の寄生虫の駆除の時期、不妊、去勢手術の有無、かかりつけの動物病院などを記録した健康手帳

飼い主とともに写っている写真

 

ほかにもその犬や猫にとって必要な物があれば個々に用意しておきます。

 

災害時の緊急避難を考えると、何頭もの動物を世話している場合には、全員を安全確実に避難させることは簡単ではありません。

 

緊急時の対策が立てられないような状況で気軽に動物を飼うことは無責任といわねばなりません。

 

避難所で用意された動物のシェルターに犬や猫を預けたときは、出来るかぎり小まめに会いに行くことが大事です。

 

犬や猫は心細く震えながら飼い主を待ち続けているのです。

 

そして1日でも早くともに暮らせるように対策を立てましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す