犬の皮膚疾患

file4631263524493

皮膚病を患っているわんちゃんは非常に多く、また、かゆいので自分で引っかいたりなめたりして余計悪化することが多いです。

皮膚炎は原因を特定しにくく、アレルギーを起こし発症する場合もあれば、発情周期やストレスから引き起こった場合もあり、アレルギーと同じ意味で非常に説明がしづらい病気です。

皮膚病になりやすい時期

人間同様、寒くなってくると皮膚病が増えるようです。

乾燥が原因のようです。

皮膚疾患が起こりやすい犬種

柴犬、シーズー、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、シェットランド・シープドッグ等が起こりやすいとされています。

また上記の系統の雑種犬含む)が挙げられることから、遺伝的な要因も関わっていると考えられています。

しかしながら、人間でも今までは花粉症ではなかったのに、ある年から急に発症したというケースがあるように、動物でも環境の変化により突然発症するということもあり得ます。

犬猫でもそうです。また、完治が難しいので、ペットのかゆみを少しでも軽減させてあげるためには、経口薬や与える食餌などを工夫してあげましょう。

皮膚病改善

皮膚病は長い時間をかけて改善させていくしかないものなので、アレルギーの原因となる環境や食べ物を探り、それを生活からできるだけ取り除いてあげてください。

薬用シャンプーを使って週一回シャンプーすることも、皮膚病を患うペットにはとても重要なことです。

忙しくても、あなたとワンちゃんが快適に過ごすためにも、少しずつ改善に向けて人間にも忍耐が必要です。

動物病院でアレルギーの血液検査をすれば、全部の原因とはいかないかもしれませんが、多くの項目の中からいくつかのアレルギーの原因をピックアップすることが可能です(食べ物であったり、タバコの煙であったり、ハウスダストだったりさまざま)。

原因を突き止めたうえで食餌療法やハウスダストを少しでも取り除いてあげて、経口薬 (アトピカ、アイチュミューンなど)も併用しながら体質改善をしてあげてください。

ペットの皮膚病や肛門腺の感染症、口腔感染などの治療にはクラベットが効果的です。

クラベットはクラバモックスのジェネリック医薬品で、皮膚病(深層、表層)、柔組織感染(肛門腺炎など)、尿路感染、呼吸器(上部、下部)のバクテリア病、腸炎、口腔感染(歯肉炎)等々、 犬や猫の感染症の治療に広く使われています。

アトピカ

アトピカ25mgは犬用アトピー性皮膚炎のためのお薬です
犬アトピー性皮膚炎に。

激しい乾癬(カンセン)、腎炎症候群を含むさまざまな自己免疫疾患に有効です。

アイチュミューン 50mg(アトピー性皮膚炎の薬)


アイチュミューンはアトピカのジェネリック医薬品です。

アトピー性皮膚炎にお悩みのわんちゃん用のソフトカプセルで飲みやすいお薬です。

30カプセル入り。アトピカと比べると半額以下の価格になります。

ご購入はこちら 皮膚薬とシャンプー

スポンサードリンク

コメントを残す