犬の歯周病を予防する方法

3歳の犬の80%ほどが歯周病になる可能性をもった状態であるといいます。歯周病を予防するうえで一番大切なことは日々の歯磨きです。日ごろから歯を清潔に保つことで歯の病気は予防できます。ですが、なかなか毎日の犬の歯磨きができている飼い主は少ないですし、磨き方が足りないと、やはり歯石が残ります。歯石が溜まると犬の口から悪臭がするようになります。口臭が臭くなったら歯石の確認が必要です。

続きを読む

目やにが出ていたら?犬の結膜炎

目やにが症状に出る病気は多く、結膜炎、角膜炎といった目の病気を主体にしたもののほかに、鼻炎や副鼻腔炎といった鼻の病気の影響を受けることもあります。
素人が判断することは難しいですが、犬の目の病気の中でも結膜炎は最も多いとされています。症状や原因を知って、予防に努めましょう。

続きを読む

犬の生活習慣病予防と口臭予防にリンゴ酢

犬の口臭が気になっていませんか。犬の口臭を消す方法として、歯磨きを思い浮かべる人は多いでしょう。しかし、たいていの犬は歯磨きを嫌がってしまいますし、歯を綺麗にする犬用ガムはしょっちゅう購入していると出費がかさみます。毎日のように犬用ガムを噛んでいたら、ガムに飽きてしまうようになり、結果的に口臭予防ができないことになります。

続きを読む

犬用涙やけ防止パウダーで涙やけを防ぐ方法について

涙やけとは、チワワやトイプードル、マルチーズやシーズーなど、小型犬や鼻の短い犬種に多いといわれています。涙やけの症状は、「流涙症」と言われる涙がたくさん出てしまい、目の周りが汚れ、そこから湿疹なども発生してしまうかもしれない、可哀想な病気です。

続きを読む

犬の黒目や白目の変色

犬の黒目の部位が白っぽくなっている場合があります。眼球の表面が白っぽく見えることはいろいろな原因で角膜が傷ついたり炎症の元となっている角膜炎に端を発して、角膜が白く濁った角膜混濁といわれる状態なのです。一方で、眼球の奥が濁って白っぽく見えるということであれば、概ね老年性白内障が原因と想定されます。

続きを読む

犬や猫の口内炎

食事をする時、口の中は痛いにも拘らず、空腹のため、食事を口に入れる→痛みが原因となって首を振ったり、悲鳴を上げたりする→また食べる…という行動を繰り返し、飼い主が不思議に感じて病院に連れて行き、診察時に口の中をみて、初めて口内炎があることを気付くという場合が多くみられます。

続きを読む